2014.03.24

三つ巴の優勝争い…レアル指揮官「残り試合全てが決定的なものに」

アンチェロッティ
レアルのアンチェロッティ監督がリーガの優勝争いを展望した [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第29節が23日に行われ、レアル・マドリードとバルセロナが対戦。バルセロナがアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのハットトリックなどで、4-3で競り勝ち、勝ち点を69に伸ばした。両チームの勝ち点差は1に縮まり、レアル・マドリードは2位に転落。当該成績でレアル・マドリードを上回るアトレティコ・マドリードが、勝ち点70で首位に立った。

 試合後、レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督が、リーグ戦の優勝争いを展望した。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 アンチェロッティ監督は、「これまでに何度も言っているように、今回のリーガは最終戦まで可能性が残されている。我々は戦って、良い形で反応していかなければならない。水曜日にとても大事な試合(第30節のセビージャ戦)があるから、すぐに気持ちを切り替える必要がある」と、話した。

 そして、「大事なチャンスを逃したのだから、我々は満足していない。だが、大したことではない。リーガの戦いは開かれている。戦い続けていくよ。9試合が残っていて、これまでも何度か口にしてきたが、全てのチームにとって、すごく激しい競争になる。リーガの優勝争いは3チームに可能性があって、残された試合全てが決定的なものになり得る」と、展望した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る