2014.03.24

クラシコを振り返るレアル指揮官「プレーぶりに満足するべき」

アンチェロッティ
アンチェロッティ監督がバルセロナ戦後にコメントした [写真]=Real Madrid via Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第29節が23日に行われ、レアル・マドリードとバルセロナが対戦。バルセロナがアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのハットトリックなどで、4-3で競り勝ち、勝ち点を69に伸ばした。両チームの勝ち点差は1に縮まり、レアル・マドリードは2位に転落。当該成績でレアル・マドリードを上回るアトレティコ・マドリードが、勝ち点70で首位に立った。

 試合後、レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督が敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 アンチェロッティ監督は、「良い試合だった。前線から良いプレッシャーをかけて、プレーのコントロールに努め、バルセロナのポゼッションを阻んだ。よくやったと思う。もっとも、我々にも細かなミスはあった。だからこそ、勝つことができなかったんだ」と、敗戦を振り返った。

 そして、「選手たちに言ったのは、全体として試合は良かったということ。激しいプレーで、試合を通して戦い続けた。今はこの試合のことを忘れて、すぐに水曜日の試合(第30節のセビージャ戦)のことを考える。この試合がシーズンの鍵を握るものになりかねない。我々は、今日のプレーぶりに満足するべきだ。幸運は伴わなかったが、チームは良いフィジカルコンディションにあることを証明した」と、コメントした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る