2014.03.13

ストイチコフが古巣に提言「バルサは2、3人補強する必要がある」

ストイチコフ
古巣のバルセロナについて語ったストイチコフ氏 [写真]=Getty Images

 かつてバルセロナの中心選手として活躍した元ブルガリア代表のフリスト・ストイチコフ氏が、スペインのラジオ局『Onda Cero』のフットボール番組とのインタビューで、古巣の現況について分析を行った。

 バルセロナは今シーズン、前半戦は首位の座を1度も明け渡すことなく16勝2分1敗で折り返したものの、後半戦に入り失速。とりわけ2月以降の6試合は3勝3敗と不振に喘ぎ、今シーズン初めて3位に転落した。

 だが、チームの底力を信じているストイチコフ氏は、指摘されている勝利への執念の欠如を否定すると共に、圧倒的な勢いで首位に浮上したレアル・マドリードとの4ポイント差も逆転可能だとの考えを示した。

「ファイティング・スピリットの欠如など有り得ない。プロの選手がプレーへの意欲やゴールへの執念を失うことなど考えられない。そのような指摘は頻繁に行われるが、全くもって真実ではない。批判を覆すことができるのは選手だけだが、私は最近の悪い成績がチームを改善してくれると確信している。4ポイントは大きいとも小さいとも思わない。少しずつ差を縮めていけばいい」

 ストイチコフ氏はその一方で、今のバルセロナには戦力強化の必要があることを説明すると共に、そのためにはもっとBチームにも目を向けるべきとの持論を展開した。

「補強に関しては、3~4年毎に1人か2人の選手を獲得するのが普通だが、今のチームは2~3人の選手を迎え入れる必要がある。もちろん、重要なのは適切な形で強化を行うことだ。カンテラ(下部組織)には、トップチームに上がって活躍できる選手がいることだしね。我々としては、Bチームの選手が他のクラブへ移籍して活躍するというような、これまで何度も目にしてきた事態は許してはならない。クラブ内の戦力をしっかりと評価するべきだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
3pt
ハダースフィールド
3pt
マンチェスター・C
3pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
93pt
バルセロナ
90pt
アトレティコ・マドリード
78pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
91pt
ローマ
87pt
ナポリ
86pt
欧州順位をもっと見る