2014.02.03

ラウールがアラゴネス氏に哀悼の意「サッカー界の歴史に名を刻む」

アラゴネス
ドイツW杯でもスペイン代表を率いたアラゴネス氏 [写真]=Getty Images

 元スペイン代表監督のルイス・アラゴネス氏が1日、75歳で死去した。

 指揮官として、ユーロ2008でスペイン代表を44年ぶり2回目の大会制覇に導いた名将に対して、アル・サッド(カタール)所属の元スペイン代表FWラウール・ゴンサレスが追悼の意を語った。スペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 ラウールはアラゴネス氏について、「世界のサッカー界の歴史に名を刻み、後世に伝えられることだろう。彼の妻と子供たち、そして家族に、抱擁と心からの哀悼の意を表したい。彼はすばらしい監督だった」と、コメントし、故人を偲んだ。

 ラウールは、2004年から2008年までスペイン代表を率いていたアラゴネス氏の下で、代表通算100試合出場を達成。2006年のドイツ・ワールドカップのメンバーにも名を連ねた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る