2014.01.29

無失点記録更新のレアル指揮官「チーム全体で達成した記録」

アンチェロッティ
レアルのアンチェロッティ監督(右)が完封勝利を振り返った [写真]=Real Madrid via Getty Images

 コパ・デル・レイ準々決勝セカンドレグが28日に行われ、レアル・マドリードとエスパニョールが対戦。1-0でレアル・マドリードが勝利を収め、2試合トータル2-0で準決勝進出を決めた。

 試合後、レアル・マドリードのカルロ・アンチェロッティ監督が勝利を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 アンチェロッティ監督は試合を振り返って、「何よりも今は自然なプレーができている。それは、これまで数か月間行った練習の成果だ。現在は、皆が思うようなプレー、個性を出したプレーをしている。どの選手も、毎日しっかりと練習に取り組んでいるし、真剣に行っている。それが、試合に向けて良いコンディションでいるために必要不可欠なこと。もう話したと思うが、システムは今、自分たちに自信を与えてくれている」と、話した。

 エスパニョール戦の完封勝利で、レアル・マドリードは公式戦8試合連続無失点となり、クラブ新記録を達成した。アンチェロッティ監督は守備について言及し、「安定した守備を見せているが、それはチーム全体が、早いボールリカバリーという仕事を行っているからだ。それだけでなく、センターバックの働きは大きい。ペペや、自信を持って今日良い仕事をしてくれたナチョ(フェルナンデス)、高いレベルのプレーを披露しているセルヒオ・ラモス。それらが、良い守備を見せている理由だろう」と、コメント。「無失点記録はイケル(カシージャス)にとってファンタスティックな個人記録だが、チーム全員の働きが記録にふさわしい。イケルは今、特別な状況の中でシーズンを過ごしているが、良い仕事をしているし、自信を失っていない。しっかりと自分の色を出した仕事をしてくれているし、全員のお手本となる選手だ。記録にふさわしいと思うが、彼だけでなくチーム全体で達成した記録でもある」と、語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る