FOLLOW US

国王杯準々決勝第2戦に臨むバルサ指揮官「スペクタクルな試合を」

レバンテ戦に臨むバルセロナのマルティーノ監督(中央) [写真]=Getty Images

 29日に行われるコパ・デル・レイ準々決勝セカンドレグで、バルセロナとレバンテが対戦する。

 敵地でのファーストレグを4-1で制しているバルセロナ。ホームでの一戦を前に、ヘラルド・マルティーノ監督が展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 マルティーノ監督は、「バルサのサポーターは、8年から10年もの間、チームが提供する内容を楽しみ続けている。今、我々は良い時期にいて、高いレベルにある。今回はスペクタクルな試合を見られる可能性があるよ」と、試合の展望を語った。

 また、ブラジル代表FWネイマールの獲得に関して違法行為があったと一部で報じられ、23日にサンドロ・ロセイ前会長が辞任、ジョゼップ・マリア・バルトメウ氏が新会長に就任した件についても言及し、「選手の契約書にある数字を公表するのは普通ではない。これがバルサの良い方向へ向かわせることを願うよ。だが、私は過去にこのような状況を過ごしたことがない。ネイマールはリハビリとチームへの復帰に集中している」と、コメントした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA