2014.01.28

バルセロナのピケ「会長が辞任した影響は感じられなかった」

ピケ
マラガ戦で得点したピケ [写真]=Getty Images

 26日に行われたリーガ・エスパニョーラ第21節、バルセロナはホームでマラガを3‐0で下し、開幕からの首位の座を守った。マラガの粘り強い守備に苦しんだバルセロナだが、前半終了間際の40分にDFジェラール・ピケのゴールで先制すると、後半に入り55分にFWペドロ・ロドリゲス、61分にFWアレクシス・サンチェスが追加点を挙げ、終わってみれば3点差で快勝した。

 前節レバンテ戦に続きCKからゴールを決めたピケは、試合後のインタビューで、前半で勝負を決められなかったことを反省しながらも、勝ち点で並ぶ2位アトレティコ・マドリード、1ポイント差の3位レアル・マドリードとの三つ巴の優勝争いへの前向きな姿勢を示した。

「僕達は前半、ほぼ完全に試合を支配したにもかかわらず、1点しか取れなかった。もっと多くのゴールを挙げていなければいけなかった。とはいえ、チームは残りシーズンに向けて非常に良い感触を掴んでいる。僕達は悪い時期があったにもかかわらず、首位をキープし続けている。これはチームがしっかり団結していることを意味している」

 この試合のわずか3日前、サンドロ・ロセイ前会長からジョゼップ・バルトメウ新会長への交代劇が行われたばかりのバルセロナ。ピケは、ロセイ会長の辞任について「決断は個人的なものであり、尊重するべきだ」としながらも、チームは普段と変わらぬプレーができたとの感想をもらした。

「会長が辞任した影響は殆ど感じられなかった。クラブレベルではメディアや巷で渦中の話題となっているが、僕達はプロの選手だ。これまで通りピッチ上で戦い続け、全てのタイトルを狙っていくまでさ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る