2014.01.22

『ハンサムで金持ち』発言を反省するC・ロナ「僕は完璧ではない」

C・ロナウド
レアル・マドリード所属のC・ロナウド [写真]=Getty Images

 レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、自身の成長について言及した。フランス誌『フランス・フットボール』でのインタビューの内容を、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 C・ロナウドは2013年のFIFAバロンドールに加え、20日にはポルトガルのイメージを世界に波及した功績を称えられ、同国のアニバル・カバコ・シルバ大統領から“エンリケ王子勲章グランデ・オフィシャル章”を受章した。

 多くの栄光を手にしている同選手は、過去に「ハンサムで金持ち」と自身について発言したことを反省している模様。かつての経験を生かしていることを強調し、次のように述べた。

「僕は完璧ではないよ。肉と骨でできている人間だ。笑うこともあれば泣くこともある。問題を抱えることだってあるし、不適切な発言をしてしまったなら謝罪もする。そして、過ちから学んでいるんだ。この頃は、観衆が僕の努力を理解してくれている印象がある」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る