FOLLOW US

決勝点の要因となったカゼミーロの“ランニング”…マンU指揮官は擁護「ディテールでしかない」

2024.05.13

失点に絡んだマンUのカゼミーロ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・ユナイテッドエリック・テン・ハフ監督が、アーセナル戦で失点につながるミスを犯したブラジル代表MFカゼミーロについて言及した。

 12日に行われたプレミアリーグ第37節では、マンチェスター・Uとアーセナルが対戦。負傷者が続出していることもあり、テン・ハフ監督は本来中盤の選手であるカゼミーロをセンターバックとして先発起用した。

 だが、マンチェスター・Uは前半中盤の20分に失点。アーセナルのドイツ代表MFカイ・ハフェルツにサイドを突破されると、最後はベルギー代表FWレアンドロ・トロサールにシュートを押し込まれた。結局、このゴールが決勝点となり、マンチェスター・Uは本拠地『オールド・トラッフォード』で0-1と完封負け。リーグ戦2連敗を喫するとともに、今季14敗目を喫した。

 注目を集めているのは、アーセナルの決勝点につながったカゼミーロのプレーだ。カメルーン代表GKアンドレ・オナナのロングフィードがカットされた際、最終ラインにいたカゼミーロはダッシュすることなくゆっくりとランニング。結果として最終ラインが崩れ、縦パスを収めたハフェルツをオフサイドにかける機会を逃した。

 イギリスメディア『90min』は12日、アーセナル戦後にインタビューへと応じたテン・ハフ監督のコメントを紹介。カゼミーロの怠慢ともとれるプレーについて問われた指揮官は「ディテールでしかない」と擁護しつつ、次のように述べた。

「それよりも前にもっとポゼッションでより良いポジションを取り、より良いパスのオプションを持つことができれば、もっと上手くできたはずだ。(カゼミーロのミスを指摘するのは)細かいことなんだ」

 テン・ハフ監督は「最終ラインでプレーするのに自信を持っている選手が必要」と、本職センターバックの駒が不足している現状を嘆いた。

カゼミーロの関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGカゼミーロのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO