FOLLOW US

最下位シェフィールド・Uは今季すでに59失点…プレミアのシーズン最多失点記録を振り返る

2024.02.08

シェフィールド・ユナイテッド [写真]=Getty Images

 シェフィールド・ユナイテッドが不名誉な記録を打ち立ててしまうかもしれない。

 今季プレミアリーグで最下位に低迷するシェフィールド・ユナイテッドは、なかなか浮上のきっかけを掴めずにいる。昨季2部リーグで2位に入ってプレミア復帰を果たしたが、3シーズンぶりのトップリーグの舞台は茨の道となっている。開幕から勝てない日々が続き、第6節のニューカッスル戦ではホームで0-8の大敗。10試合を終えた時点で勝ち点1(0勝1分け9敗)の得失点差-22。1992年に発足したプレミアリーグにおける開幕10試合の最低成績の記録を打ち立ててしまった。

 その後、一度は最下位を抜け出すも、再び苦戦が続いて監督交代に踏み切った。過去にもクラブを率いたことのあるOB、クリス・ワイルダーを招聘するも苦しい戦いが続いており、今月3日に行われたアストン・ヴィラ戦では0-5の大敗。23試合を終えて既に59失点を喫しており、このペースで行くとプレミア史上最多失点の恐れがある。それではプレミアリーグの「シーズン失点記録」のワースト5を見てみよう。

■ワースト5位:ノリッジ(2021-22) 84失点

 1部と2部を行き来する“ヨーヨークラブ”として知られるノリッジは、2020-21シーズンに2部リーグで97ポイントも稼いで1年でプレミアリーグの舞台に返り咲いた。当時のノリッジは、ドイツ人のダニエル・ファルケ監督が繰り広げる「ファルケボール」と呼ばれるハイプレスサッカーで2部リーグでは敵なし。しかし、プレミアリーグは別世界だった。大型補強をしないチームは2019-20シーズンに最下位で降格しており、2021-22シーズンは開幕前に若い才能を集めるも、同じ結果となってしまう。

 同情の余地はある。開幕4試合の相手がリヴァプールマンチェスター・シティレスターアーセナルと強豪ばかり。開幕2試合で計8失点を喫すると、そこからずるずる勝てない時間が続き、第9節のチェルシー戦では7失点。第11節のブレントフォード戦でシーズン初勝利を挙げるも、その数時間後にファルケ監督の解任が発表された。残留すべく、ディーン・スミス監督を招聘するも状況は好転せず、最終節はトッテナムに0-5で敗れて最下位で降格。「84失点」を喫して、2011-12シーズンのウルヴァーハンプトン(82失点)などを抜いてワースト5位にランクインしてしまった。

■ワースト4位:フルアム(2013-14) 85失点

 4位は、13シーズン連続でプレミアリーグに在籍していたフルアムが降格の憂き目に遭ったシーズンだ。オランダ人のマルティン・ヨル監督の元、前年の2012-13シーズンには12位に入ったフルアムだが、徐々に綻びが生じ始めることに。2013-14シーズンの開幕戦こそ完封勝利を飾って幸先良いスタートを切ったが、シーズン途中から全く勝てずに6連敗で12月にヨル監督を解任。戦術眼に定評のあるレネ・ミューレンスティーンを後任に据えるも、わずか2カ月半で見切りをつけて、今度はドイツの鬼軍曹として知られるフェリックス・マガトを連れてきた。

 マンチェスター・シティに5失点を喫するなど相変わらず失点を続けたが、それでも終盤まで何とか残留の望みを残していたが、37節にストークに1-4で敗れて万事休す。ファンから「お前らは、このユニフォームを着るに値しない」という痛烈なチャントを浴びて降格が決まった。11位に入ったクリスタル・パレスよりも7点も多くのゴールを奪いながら「85失点」を喫して19位で降格することに。今回のランキングでは唯一、最下位を免れたチームだが、そんなことは何の慰めにもならない・・・。

■ワースト3位:ダービー(2007-08) 89失点

 1995-96シーズンにプレミアリーグが22チーム制から20チーム制に縮小して以降では最多となる失点を喫したのがダービー(2007-08シーズン)だ。前シーズンに2部のプレーオフを制して6年ぶりにプレミアの舞台に返り咲いたダービーだったが、苦しい戦いを強いられることに。当時はチャンピオンズリーグでプレミア勢が4チームも8強に勝ち上がるイングランド黄金期。準決勝にもマンチェスター・ユナイテッドチェルシーリヴァプールの3チームが残り、決勝は史上初のイングランド勢決戦だった(ユナイテッドがPK戦でチェルシーに勝利)。

 当然、プレミア上位勢と昇格組の格差は大きく、ダービーはリヴァプールに0-6、アーセナルに0-5、チェルシーに1-6と大敗を喫することに。結局、終わってみればダービーが勝利したのは第6節のニューカッスル戦だけ。38試合を戦って、1勝8分け29敗、20得点89失点、勝ち点11。歴代最少勝ち点、最少勝利数など様々なワースト記録を打ち立てて降格。以降、ダービーはプレミアの舞台から遠ざかっており、現在は3部リーグで過ごしている。

■ワースト2位:イプスウィッチ(1994-95) 93失点

 22チーム制最後のシーズンは、翌年から20チーム制に縮小するため下位4チームが降格という厳しいシーズンだった。そんなシーズンでイプスウィッチは最悪のスタートを切ってしまう。開幕15試合で11敗という直近31年間で最悪の出来。シーズン途中に監督が辞任し、クラブの英雄であるジョージ・バーリーを招聘することに。のちにチームをプレミアで5位に導いてUEFAカップ出場権まで獲得するバーリー監督だが、就任1年目はチームを救うことができず。

 1995年3月のマンチェスター・ユナイテッド戦ではFWアンディ・コールに5ゴールを許し、プレミア最多得点差記録となる0-9の大敗。最終的に42試合で「93失点」を喫して最下位で降格の憂き目に遭った。

■ワースト1位:スウィンドン(1993-94) 100失点

 プレミアリーグのシーズン最多失点記録を持つのはスウィンドンだ。1993年にグレン・ホドル選手兼監督の元、2部リーグのプレーオフを制してクラブ史上初のトップリーグ昇格を決めたスウィンドンだが、すぐにプレミアリーグの洗礼を浴びることに。昇格が決まった数日後、チームの主軸であり指揮官のホドルがチェルシーに引き抜かれてしまったのだ。

 結局、ホドルのアシスタントを務めていたジョン・ゴーマンが後任としてスウィンドンを率いたが、チームは初のトップリーグで勝てない日々を送った。11月末のQPR戦に勝利するまで、開幕から15試合も勝つことができず。リヴァプールに0-5、ニューカッスルに1-7で敗れるなど、シーズン42試合で無失点は4回だけ。最終節もリーズに0-5で敗れ、ぴったり「100失点」を喫して最下位で降格。これがプレミアリーグにおける1シーズン最多失点であり、1試合平均「2.38失点」も歴代ワーストとなっている。

(記事/Footmedia)

【PR】プレミアリーグ観るなら
U-NEXT「SPOTV NOWパック」で!

U-NEXTが提供する「SPOTV NOWパック」とは、U-NEXTと契約することでSPOTV NOWが視聴できるお得なプランになります。

U-NEXT「SPOTV NOW」パック

ポイント利用で実質月額800円に!

月額2,000円ですが、U-NEXT会員には毎月1,200ポイント(1,200円相当)が付与されるため、ポイント利用によってU-NEXTのコンテンツと合わせてお得に楽しむことができます。

プレミアリーグセリエAのほか、U-NEXTが提供するラ・リーガなど注目リーグの試合を視聴可能です。

  1. U-NEXTの「SPOTV NOWパック」なら広告なし! TV視聴も可能!
  2. 見放題のエンタメ作品数NO.1を誇るU-NEXTでプレミアリーグ&エンタメを堪能!
  3. U-NEXT&「SPOTV NOWパック」ではラ・リーガやセリエAなども楽しめる!

【PR】「ABEMA」なら
プレミアリーグが無料視聴可能!

ABEMA

「ABEMA」とは、好きな時間に好きな場所で、話題の動画を楽しめる新しい未来のテレビ。登録不要でプレミアリーグを含む様々なコンテンツが無料で視聴できます。

ただし、プレミアリーグの無料配信は一部(毎節3試合予定)のため、しっかり堪能するなら「ABEMAプレミアム」月額960円(税込)への加入がおすすめ。

  1. ABEMAプレミアムなら注目カードが確実に視聴可能!
  2. 追っかけ再生、見逃し配信などうれしい機能が充実!
  3. 初めてABEMAプレミアムに登録する方は2週間無料!

By Footmedia

「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKINGシェフィールド・ユナイテッドのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO