FOLLOW US

エヴァートンにさらなる処分の可能性?…N・フォレストと共にリーグの財務規定に違反か

2024.01.16

エヴァートンとノッティンガム・フォレストが財務規定に違反か [写真]=Getty Images

 プレミアリーグは15日、エヴァートンノッティンガム・フォレストの2クラブが財務規定に違反したことを認めたと発表した。

 今回の発表によると、エヴァートンノッティンガム・フォレストはプレミアリーグが定めた「収益と持続可能性に関する規則(PSR)」に違反したことが確認されたという。PSRでは、過去3シーズンの損失額が1億500万ポンド(約195億円)を上回らないよう定めているが、両クラブは2022-23シーズン終了後の評価期間において、この許容基準を超過した損失額を計上していたようだ。

 プレミアリーグは今回の事態を「許容基準を超える損失が続いた結果である」を定義付けた上で、同事案を司法委員会に委託したことを発表。今後はプレミアリーグおよび加盟クラブから独立した委員会が非公開で審理を行い、処分などの最終決定が下されるという。なお、独立委員会の最終決定は後日プレミアリーグの公式サイトで公開される予定だ。

 なお、『BBC』や『スカイスポーツ』など複数のイギリスメディアが報じたところによると、PSRの基準額はクラブがチャンピオンシップ(2部)で過ごしたシーズンに付き2200万ポンド(約41億円)ずつ減額されるため、2020-21シーズンおよび2021-22シーズンを同カテゴリーで過ごしたノッティンガム・フォレストの基準額は6100万ポンド(約113億円)となっているようだ。なお、両クラブの正式回答の提出期限は14日以内に設定されているとのこと。今後はリーグ規則に基づき、12週間以内に公聴会を終了し、控訴審については5月24日までに開催する必要があると報じられている。

 エヴァートンは昨年11月、2021-22シーズン終了期間においてPSRに違反したとして、プレミアリーグから勝ち点「10」剥奪処分を言い渡されている。追加処分の可能性が浮上したマージーサイドの名門は「PSR違反を独立委員会に委託するというプレミアリーグの決定を認めた」としつつ、次のような見解を表明した。

「これは2019-20、20202-21、2021-22、2022-23シーズンをカバーする期間に関連しており、既にクラブが10ポイントの制裁を受けた会計期間(2019-20、20202-21、2021-22)も含まれている。クラブは現在この制裁に対する控訴を行なっている」

「プレミアリーグにはEFLを含む他の統括団体とは異なり、既に制裁の対象となった会計期間における違反容疑によってクラブがさらなる処分を受けることを防ぐガイドラインが存在しない。クラブは今後、控訴審が審理される前に、既に制裁を受けた会計機関を含む別の告訴を弁護しなくてはならない。これについては、プレミアリーグのルールに明らかな不備があることに起因すると見ている」
 
 また、ノッティンガム・フォレストは声明にて「クラブはこの問題に関してプレミアリーグと引き続き全面的に協力していくつもりであり、迅速かつ公正な解決に自信を持っている」と発表した。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGエヴァートンのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO