FOLLOW US

多忙を極めた年末年始のプレミアリーグ…明暗分かれた結果をおさらい

2024.01.05

今季も多忙を極めた年末年始のプレミアリーグ [写真]=Getty Images

 今季も多忙を極めたプレミアリーグの年末年始を振り返ろう。

 毎年のように休みなく試合が続くプレミアリーグは、今シーズンの年末年始も連戦が繰り広げられた。12月21日から1月2日までの13日間で、試合が開かれなかったのは12月25日と29日の2日間だけ。連日のように熱戦が繰り広げられ、クラブワールドカップに参加したマンチェスター・シティブレントフォード戦が延期となったが、残り18チームはそれぞれ3試合ずつを戦った。当然、3連勝したチームもいれば、一度も勝てなかったチームもいる…。

 それではプレミアリーグの年末年始の結果をおさらいしよう。

[写真]=Getty Images

■年末年始に稼いだチーム

ウルヴァーハンプトン

 3連勝で気持ちよく新年を迎えることができたのは1チームだけ。それがウルヴァーハンプトンだ。今季からギャリー・オニール政権で戦っている彼らは13位で年末年始の3連戦を迎えると、12月24日にチェルシーと対戦した。28年ぶりの“クリスマスイブ開催”で物議をかもした一戦は、後半追加タイムにゴールを奪い合う展開となり、最終的にウルヴァーハンプトンが2-1で競り勝った。

 続く12月27日のブレントフォード戦で4-1の勝利を収めると、その3日後のエヴァートン戦にも3-0で勝って2023年を3連勝で締めくくった。オニール監督も「ケガ人がいる中で、6日間で勝ち点9は信じられないような1週間になった。みんなが本当に頑張ってくれた」と選手たちを大絶賛した。

 ウルヴァーハンプトンが3点差以上でトップリーグの試合に連勝するのは59年ぶりの快挙だという。しかも、エヴァートン戦では2試合連続ゴールと活躍していたMFマリオ・レミナ(30歳)を欠いて勝利を収めた。ガボン代表のMFは、12月24日のチェルシー戦でゴールを決めてマン・オブ・ザ・マッチに輝くと、試合後のインタビューで「2カ月間も闘病中の父にメッセージを送りたい。僕も父と一緒に居たいけど、僕には仕事があるんだ。お父さん、頑張ってね。みんながついているからね」と語っていた。

 しかし、父親は帰らぬ人に。レミナはすぐに家族の元へ飛び、12月30日のエヴァートン戦を欠場した。それでも3-0の見事な勝利を収めたウルヴァーハンプトンは、チームメイトがレミナの背番号5のユニフォームを掲げ、監督は勝利をレミナに捧げた。「彼なくして、我々が28ポイントも稼ぐことなど不可能だった。辛いと思うが、この勝利が少しでも彼の励みになることを願う。気持ちの整理がつくまで好きなだけ休んでいいと伝えてある」

 ウルヴァーハンプトンの9ポイントに次ぐ7ポイントを稼いだのは2チーム。首位に立つリヴァプールと6位につけるウェストハムだ。リヴァプールは12月23日のアーセナルとの首位攻防戦に1-1で引き分けると、ボクシングデーのバーンリー戦に2-0で勝利して首位に浮上。そして元日開催となったニューカッスルとの注目の一戦も、4-2で勝ち点3を確保した。

リヴァプール

 データ会社『Opta』によると、リヴァプールニューカッスル戦でゴール期待値「7.27」を記録。これは集計が始まった2010-11シーズン以降でプレミアリーグの最高記録だという。その試合で2ゴールを決めたエースのFWモハメド・サラーは、これでリヴァプールでのプレミア通算151点目。1つのクラブで150ゴール以上はプレミア史上5人目の快挙となった。

 3連戦で勝ち点7を稼いだリヴァプールは首位で新年を迎え、4シーズンぶりのリーグ優勝に向けて視界良好だ。しかし、決して楽観視はできない。エジプト代表FWサラーがアフリカネーションズカップに出場するためチームを離れるのだ。1月7日のFAカップのアーセナル戦から最大で8試合を欠場する可能性がある。その間も好調を維持できれば、優勝に大きく近づけるはずだ。

 同じく7ポイントを稼いだウェストハムも好位置につけている。年末年始の3連戦ではマンチェスター・ユナイテッドアーセナルにそれぞれ2-0で勝利すると、1月2日のブライトン戦はゴールレスで引き分けた。堅守を自慢とするデイヴィッド・モイーズ監督のチームは組織立った守備を発揮。この3連戦でシュート数は自分たちより対戦相手の方が計39本も多く、これはリーグワーストの数字だったという。それでも体を張った守備で年末年始の連戦を唯一、無失点で乗り切って見せた!

 モイーズ監督も、今季いっぱいで契約が満了するため退任が濃厚と言われていたが、ここにきて契約更新の話も出ている。昨シーズンはヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)を制してクラブに43年ぶりの主要タイトルをクラブにもたらし、今季はマンチェスター・ユナイテッドニューカッスルチェルシーを抑えて6位という好位置につけているほか、ヨーロッパリーグ(EL)でもベスト16進出を決めている。

モイーズ監督

 ちなみに、ウェストハムもアフリカネーションズカップでMFモハメド・クドゥス(ガーナ代表)といった主力を奪われる。一方、ウルヴァーハンプトンは今季プレミア10ゴールのFWファン・ヒチャン(韓国代表)をAFCアジアカップカタール2023で失う。

マンチェスター・シティ

 上記の3チームに次いで好成績を収めたのは王者マンチェスター・シティだ。マンチェスター・シティは世界一の称号を手にしたクラブワールドカップの影響で年末のリーグ戦は2試合だけだった。最近はリーグ戦6試合でわずか1勝と苦しんでいたマンチェスター・シティだが、12月27日のエヴァートン戦に3-1で勝利すると、3日後のシェフィールド・ユナイテッド戦も2-0で制して2連勝で2023年を締めくくった。一時は前人未到の4連覇に黄色信号が灯ったかに思われたが、気づけば1試合消化が少ない中で首位リヴァプールと5ポイント差の3位。そしてケガで離脱していたMFケヴィン・デ・ブライネとFWアーリング・ハーランドが復帰に近づいており、後半戦の巻き返しに準備万端だ。

■年末年始の不振

ニューカッスル

 好成績を収めたチームとは対照的に、致命的な敗戦を喫した者もいる。年末年始の連戦で全敗に終わったのは3チーム。エヴァートンブレントフォードニューカッスルだ。昨季4位に入ったニューカッスルは、ケガ人の続出もあってリーグ戦最近6試合で1勝5敗と苦しんでいる。

 とはいえ、年末年始に最もダメージを負ったチームと言えばアーセナルだろう。20シーズンぶりのリーグ制覇に向けて首位で連戦に突入したアーセナルだが、リヴァプールとの首位攻防戦に引き分けたあと、年末のロンドン・ダービーでまさかの2連敗を喫することになった。12月28日のウェストハム戦に0-2で敗れてホームで今季初黒星を喫すると、大晦日のフルアム戦も1-2の黒星。3連戦でわずかに1ポイントしか稼げなかったのだ。

アーセナル

 18節を終えた時点で1位にいたチームが、気づけば首位リヴァプールと5ポイント差の4位に後退。『Opta』のスーパーコンピューターによると、12月中旬に28.3%と計算されていたアーセナルの優勝確率は24.2%も急落。現在の優勝確率は58.5%のマンチェスター・シティ、34.6%のリヴァプールに次いで「4.1%」となっている…。

 果たして、年末年始の成績が最終的にどんな影響を及ぼすのか、プレミアリーグの後半戦に注目したい。

(記事/Footmedia

ケヴィン・デ・ブライネの関連記事


【PR】欧州クラブ来日マッチを見るなら「Lemino」

2024年夏も、さまざまな海外強豪クラブが来日予定。 「Lemino」ではヴィッセル神戸 vs トッテナム ホットスパーほか5試合を配信予定です。

※生配信は無料で視聴できますが、「dアカウント」ログインが必要です
見逃し配信は、月額990円(税込)の「Leminoプレミアム」での配信となります

Jクラブ vs 欧州クラブの熱戦を「Lemino」で視聴しよう!

「Lemino」とは、ドコモが提供する映像配信サービス。ドコモ携帯電話ユーザー以外も利用可能です。

有料プランの「Leminoプレミアム」は、月額990円(初回入会なら初月無料)。映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽・スポーツなど、さまざまなジャンルのコンテンツを18万本以上も取り揃えている注目のサービスです。

Leminoで独占配信
  1. 2024/7/27(土)19:00
    明治安田Jリーグワールドチャレンジ2024 powered by docomoヴィッセル神戸 vs トッテナム ホットスパー独占無料生配信
  2. 2024/7/28(日)19:00
    Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo京都サンガF.C. vs VfBシュトゥットガルト※無料生配信
  3. 2024/7/31(水)19:30
    Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo浦和レッズ vs ニューカッスル独占無料生配信
  4. 2024/8/1(木)18:30
    Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomoサンフレッチェ広島 vs VfBシュトゥットガルト※無料生配信
  5. 2024/8/3(土)19:00
    Jリーグインターナショナルシリーズ2024 powered by docomo横浜F・マリノス vs ニューカッスル独占無料生配信

By Footmedia

「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

SHARE

RANKINGケヴィン・デ・ブライネのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO