FOLLOW US

リヴァプールがエリオットの劇的AT弾で逆転勝利! 遠藤は2戦連続の先発出場

2023.12.10

決勝ゴールを決めたエリオットを中心に喜ぶリヴァプールの選手たち[写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第16節が9日に行われ、クリスタル・パレスリヴァプールが対戦した。

 4シーズンぶりのリーグ制覇を目指すリヴァプールは、今シーズンここまで15試合を消化し、10勝4分1敗の成績で2位につけている。最近4試合勝ちがない14位クリスタル・パレスのホームに乗り込んでのアウェイ戦に、モハメド・サラーダルウィン・ヌニェスらと並び、日本代表MF遠藤航もスタメン出場した。

 試合は序盤からアウェイのリヴァプールがボールを保持し、遠藤も中盤でボール回しに積極的に絡む。

 しかし、ホームのクリスタル・パレスが中央を固めた守備でリヴァプールの侵入を許さず、さらにはカウンターでゴールに迫った。27分には右サイドからのグラウンダーのクロスに対し、左サイドから中央に走り込んできたジェフェルソン・レルマが右足で合わせるもリヴァプールGKのアリソンが鋭い反応でセーブ。ゴールを許さなかった。

 続く29分には、クリスタル・パレスが遠藤に対しプレスをかけてボール奪取し、一気にゴールへ。それを阻止しようと守備に入ったDFフィルジル・ファン・ダイクのファウルを誘発し、PK判定を得る。しかし、VARチェックの結果、遠藤からボールを奪った場面でファウルがあったとしてPKは取り消され、スコアレスドローのままハーフタイムへ。
  
 ハーフタイムが明けると、リヴァプールは遠藤を下げジョー・ゴメスを右サイドに投入。右サイドバックに入っていたトレント・アレクサンダー・アーノルドを遠藤が担っていたアンカーの位置に配した。しかし、クリスタルパレスの中央を固めた守備を崩せない展開が続く。

 すると55分、VARでジャレル・クアンサーのエリア内のプレーがファウルと判断され、クリスタル・パレスにPKが与えられる。それを後半から投入されたジャン・フィリップ・マテタが落ち着いて決め、57分にクリスタル・パレスが先手を奪った。

 守ってはリヴァプールの侵入を許さず、時おり鋭いカウンターを見せていたクリスタル・パレスだったが、75分にジョルダン・アイェウがこの日2枚目のイエローで退場。このプレーを境に流れが変わる。直後の76分、右サイドでマークのズレが生まれると、ゴールライン際から上がったクロスのこぼれ球を、最後はモハメド・サラーが左足で蹴り込み同点に追いつく。

 すると後半アディショナルタイム1分にゴール正面やや右でボールを受けたハーヴェイ・エリオットが細かいステップでゴールに向かうと、ペナルティエリアの手前から左足でシュート。ニアサイドを突いた強烈なミドルがゴール右に吸い込まれた。

 最終的にこれが決勝点となり、アウェイのリヴァプールが1-2で勝利。暫定ながら首位に浮上した。

 次節、クリスタル・パレスは16日にアウェイでマンチェスター・シティと、リヴァプールは17日にホームでマンチェスター・ユナイテッドと対戦する。

【スコア】
クリスタルパレス 1-2 リヴァプール

【得点者】
1-0 57分 ジャン・フィリップ・マテタ(PK/クリスタル・パレス
1-1 74分 モハメド・サラーリヴァプール
1-2 90分+1分 ハーヴェイ・エリオットリヴァプール

ハーヴェイ・エリオットの関連記事

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

RANKINGハーヴェイ・エリオットのニュースアクセスランキング

SOCCERKING VIDEO