FOLLOW US

ウォード・プラウズがベッカム氏に迫る…プレミアリーグの直接FKランキング

2023.02.20

プレミアリーグの直接FKランキングで上位に入る選手たち [写真]=Getty Images

 サウサンプトンのイングランド代表MFジェームズ・ウォード・プラウズ(28歳)が偉大な記録に並ぼうとしている。

 サウサンプトンの主将は、今月18日に行われたプレミアリーグ第24節のチェルシー戦で前半終了間際に完璧な直接フリーキックを叩き込み、チームを1-0の勝利に導いた。最下位に低迷し、先日には今季2度目となる監督解任に踏み切った悩めるチームに4試合ぶりの勝ち点3をもたらしたのだ。

 そんなMFウォード・プラウズがプレミアリーグで直接FKを決めるのは17回目。これで直接FKによるプレミアリーグ歴代得点ランクで1位のデイヴィッド・ベッカム(18ゴール)に1本まで迫っている。偉大な記録に並ぶ日は近いが、その前にプレミアリーグの「直接FKの歴代ゴールランキング」を見てみよう。

[写真]=Getty Images

■10位タイ

MFフランク・ランパード(元チェルシーなど) 9ゴール
MFノルベルト・ソラーノ(元ニューカッスルなど) 9ゴール
MFジェイミー・レドナップ(元リヴァプールなど) 9ゴール

ランパード、ソラーノ、レドナップ

(左から)ランパード、ソラーノ、レドナップ

 10位は「9ゴール」で3選手が並んだ。まずはプレミアリーグ歴代3位の出場数(609試合)を誇るランパードだ。チェルシーなどで活躍した元イングランド代表のレジェンドは、ミッドフィルダーながら通算ゴール数も「177ゴール」で同リーグ歴代6位。そのうち9点が直接FKだった。

 往年のプレミアリーグファンにとっては懐かしい名前もランクイン。それがノルベルト・ソラーノだ。1998年にアルゼンチンのボカ・ジュニアーズからニューカッスルに加入し、プレミアリーグ史上初のペルー人プレーヤーとなったソラーノは、南米人らしい細かい技術と高精度の右足で活躍。FK以外も含めて通算49ゴールは、プレミアリーグの南米人として歴代8位の記録だ。

 現在解説者として活躍する元イングランド代表MFジェイミー・レドナップもキック技術に定評があった。名将ハリー・レドナップという偉大な指揮官を父に持つジェイミーは、リヴァプールやトッテナムなどで中盤のパサーとして活躍した。

■8位タイ

MFモアテン・ガムスト・ペデルセン(元ブラックバーン) 10ゴール
DFイアン・ハート(元リーズなど) 10ゴール

ペデルセン、ハート

(左から)ペデルセン、ハート

 8位には「10ゴール」で2名がランクイン。まずは左サイドバックながら一撃必殺の左足でFKを沈めた元アイルランド代表DFイアン・ハートだ。同選手は1999年代後半から大躍進したリーズで不動の左SBとして攻守に貢献。2000-01シーズンにはチャンピオンズリーグでベスト4に入る快進撃を見せ、ハートも準々決勝のデポルティーボ戦で先制の直接FKを沈めた。プレミアリーグの舞台では、通算28ゴールのうち実に10本を直接FKで決めている!

 ブラックバーンで9シーズンも活躍した元ノルウェー代表MFモアテン・ガムスト・ペデルセンも、得意の左足で直接FKを10本も沈めた。

■6位タイ

MFローラン・ロベール(元ニューカッスル) 11ゴール
MFセバスティアン・ラーション(元アーセナルなど) 11ゴール

ロベール、ラーション

(左から)ロベール、ラーション

 ニューカッスルで左サイドを疾走したレフティは6位にランクイン。元フランス代表MFローラン・ロベールは得意の左足から豪快なシュートを放ち、プレミアリーグでは通算23ゴールのうち約半分の11点を直接FKで稼いで見せた。2001-02シーズンには1年で直接FKを5本も沈める離れ業を披露。ちなみに、これはベッカムと並びプレミアリーグの1シーズン最多記録となっている。

 昨夏に現役を退いた元スウェーデン代表MFセバスティアン・ラーションもFKのスペシャリストだった。プロキャリアの原点であるアーセナルではプレミアリーグ3試合の出場に留まったが、その後はバーミンガムやサンダーランドで中盤の主軸を担った。プレミアリーグ通算26ゴールのうち実に11本が直接FK。2011年には古巣アーセナルを相手に直接FKを叩き込み、アーセン・ヴェンゲル監督に「恐らくプレミアNo.1のFKキッカー」と言わしめた。スウェーデン代表としても活躍し、同国歴代3位の133試合に出場した。

■3位タイ

FWクリスティアーノ・ロナウド(元マンチェスター・U) 12ゴール
FWティエリ・アンリ(元アーセナル) 12ゴール
FWジャンフランコ・ゾラ(元チェルシー) 12ゴール

C・ロナウド、アンリ、ゾラ

(左から)C・ロナウド、アンリ、ゾラ

 歴代3位には、そのクラブの“レジェンド”と呼ばれる世界的なプレーヤーがランクインした。まずは、昨年11月までマンチェスター・Uに所属していたポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(38歳)。サッカー史において歴代最高プレーヤーの呼び声も高いC・ロナウドは、マンチェスター・Uでベッカムの「7番」を引き継ぐとプレミアリーグ通算236試合で103ゴール。そのうち12ゴールが直接FKによるもの。ボールをセットして仁王立ちすると、そこからロケット弾やコースを狙ったシュートなどで幾度もゴールを陥れた。

 同じく3位に入ったのは元フランス代表FWティエリ・アンリ。アーセナルの歴代最高プレーヤーにしてクラブ歴代最多ゴール記録を持つフランス人は直接FKもお手の物だった。プレミアリーグ歴代7位となる「175ゴール」のうち12本は直接FKによるもの。様々な形でゴールを決めて4度もプレミアリーグ得点王に輝き、イングランドフットボール界で最大の栄誉とされる記者協会の年間最優秀選手を歴代最多3度も受賞した。

 チェルシーファンに誰よりも愛された元イタリア代表FWジャンフランコ・ゾラも3位にランクイン。ヒールキックやドリブルシュートなど数々のファインゴールを生んだ“小さな巨人”は、チェルシー時代にプレミアリーグ通算59ゴールをマーク。記念すべき初ゴールは入団1年目の1996年12月のエヴァートン戦。右足で完璧な直接FKを決めてサポーターの心を鷲掴みにした。

■2位

MFジェームズ・ウォード・プラウズサウサンプトン) 17ゴール

ジェームズ・ウォード・プラウズ

 冒頭で説明した通り、ベッカムの記録まで1点差に迫ったイングランド代表MFジェームズ・ウォード・プラウズ(28歳)が2位にランクイン。セインツ一筋の生え抜きプレーヤーは、同クラブでプレミアリーグ通算328試合に出場し、46得点のうち17ゴールを直接FKで決めている。今シーズンは、通算17本目となった今月18日のチェルシー戦を含め、12月のフルアム戦や1月のエヴァートン戦など既に直接FKから3ゴール。過去2シーズンも4点ずつ決めているため、今シーズン中にベッカムの偉大な記録に並ぶ可能性が高い。

 昨年のワールドカップはメンバー外となり残念ながら出場できなかったが、その失意を払しょくするかのようにワールドカップ後のプレミアリーグで大活躍。8試合で5ゴールを決めており、そのうち3点が直接FKによるもの。「人生において、どんなスキルでも努力すれば極めることができる。それを知ることができて嬉しい」と語るFKスペシャリストは、今季の残りの試合で最下位に沈むチームの残留と、ベッカムの記録更新を目指す。

■1位

MFデイヴィッド・ベッカム(元マンチェスター・U) 18ゴール

デイヴィッド・ベッカム

 FKと言えば、この選手以外には考えられない。プレミアリーグの直接FKによる歴代最多ゴール記録を持つのは、元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカムだ。ユナイテッドでプレミアリーグ通算265試合に出場したベッカムは、通算62ゴールうち「18点」を直接FKから決めて見せた。

 無尽蔵のスタミナや正確無比のクロスなど、ベッカムはFKだけの選手ではなかったが、それでも大きく曲がる彼のFKはサッカー史に残る1つの芸術作品で、それを題材にした『Bend It Like Beckham(邦題:ベッカムに恋して)』(2002年)という映画まで誕生するほど。ちなみに、この映画もベッカム本人と同じで単なる“スポーツ映画”ではない。「人種」「文化」「宗教」「性別」「恋愛」といった様々な問題を、フットボールを通じて笑いや感動と共に伝える名作となっている。

(記事/Footmedia)

By Footmedia

「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

SHARE

SOCCERKING VIDEO