FOLLOW US

トッテナムは交渉に時間かけすぎ? トロサール代理人「アーセナルは24時間でまとめた」

2023.01.23

アーセナルに移籍したトロサール [写真]=Getty Images

 ブライトンからアーセナルに移籍したベルギー代表FWレアンドロ・トロサールの代理人が、今冬の移籍劇を振り返った。22日、イギリス紙『イヴニング・スタンダード』がコメントを伝えた。

 トロサールの獲得には、アーセナルよりも先に宿敵トッテナムが動いていた。しかし、“スパーズ”が口頭で提示した1200万ポンド(約19億円)のオファーは、ブライトンに拒否される。すると、ウクライナ代表FWミハイロ・ムドリクをチェルシーに“横取り”されたアーセナルが、トロサールにターゲットを変更。総額2600万ポンド(約42億円)でブライトンとの交渉をまとめ、20日に同選手の加入を発表した。

 トロサールは22日のプレミアリーグ第21節マンチェスター・U戦でデビューを果たした。そんな同選手の代理人を務めるジョシー・コムヘア氏は取材陣に対し、「スパーズはこの2週間、我々と連絡を取り合っていた。しかし、それは『我々は彼が欲しいが、これを待って、あれを待って…』というものだった」と振り返ってコメント。「水曜日(18日)にはアーセナルから連絡があり、24時間後には合意していた」と言葉を続け、トッテナムが交渉に時間をかけすぎていたことを明かした。

 今冬の移籍市場はFIFAワールドカップカタール2022終了直後ということもあり、例年と比較して活発な動きを見せている。しかしながら、トッテナムはここまで加入も放出もゼロ。現在はローマに所属するイタリア代表MFニコロ・ザニオーロへの関心が噂されているが、ビッグネームの獲得は果たして実現するのだろうか。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO