FOLLOW US

ウルヴス、PSGからスペイン代表FWサラビアを獲得!…2年半契約を締結、移籍金は7億円か

ウルブスがサラビア獲得を発表! [写真]=Getty Images

 ウルヴァーハンプトン(ウルヴス)は17日、パリ・サンジェルマン(PSG)からスペイン代表FWパブロ・サラビアを完全移籍で獲得したことを発表した。

 契約期間は2025年6月末までの約2年半で、ウルヴスでの背番号は「21」に決定。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金は500万ユーロ(約7億円)になると伝えられている。

 現在30歳のサラビアはレアル・マドリードの下部組織出身。ヘタフェセビージャでのプレーを経て、2019年夏にPSGに完全移籍で加入した。加入初年度の2019-20シーズンは公式戦40試合に出場し14得点8アシストをマーク。翌2020-21シーズンも公式戦37試合に出場し7得点4アシストを記録するなど安定した成績を残した。

 しかし、各国のタレントを多く擁するPSGでの出場機会は限られており、2021年夏にはスポルティングにレンタル移籍。同クラブでは公式戦45試合の出場で21ゴール10アシストという見事な成績を残したものの、PSGに復帰した今シーズンの公式戦でのスタメン出場はわずか6試合のみに。序列を上げることができず、バックアッパーという立場にとどまっていた。

 なお、2019年9月にデビューを飾ったスペイン代表では、ここまで公式通算26試合に出場し9ゴール3アシストをマーク。一昨年に開催されたEURO2020では5試合に出場し、チームのベスト4進出に貢献したほか、昨年のFIFAワールドカップカタール2022でも1試合に出場していた。

 30歳にして自身初となるプレミアリーグ上陸を果たしたサラビア。今後の活躍に期待がかかる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO