FOLLOW US

トッテナム、FWベルフワイン売却でアヤックスと合意か…移籍金は約42億円に

ベルフワインがアヤックス移籍へ [写真]=Getty Images

 トッテナムは、同クラブに所属するオランダ代表FWステーフェン・ベルフワインの完全移籍でアヤックスと合意したようだ。6日にイギリスメディア『アスレティック』が報じた。

 移籍金は3000万ユーロ(約42億円)となり、ベルフワインとアヤックスは5年契約を結ぶようだ。現地時間6日にメディカルチェックの第2部が予定されており、移籍成立は時間の問題と見られている。

 現在24歳のベルフワインは、2020年1月に移籍金3000万ユーロ+ボーナス200万ユーロ(約2億8000万円)でPSVからトッテナムに加入。初出場となった2020年2月のマンチェスター・C戦で先制ゴールを挙げる鮮烈なデビューを飾った。しかし、イングランド代表FWハリー・ケインや韓国代表FWソン・フンミンから定位置を奪うことはできず、出場の大半が途中出場からのものだった。

 2021年11月からチームを率いるアントニオ・コンテ監督の下では公式戦23試合に出場し、今年1月19日のレスター戦では後半アディショナルタイムに2得点を挙げて劇的な逆転勝利を演出した。しかし、その後にスウェーデン代表FWデヤン・クルゼフスキが加入したことでベルフワインの序列は変わらず。結局、コンテ体制での公式戦先発は2試合にとどまり、同選手は昨シーズン終了後に今夏の退団希望を明言していた。

 ベルフワインの獲得には、エヴァートンなどイングランド国内の複数クラブも関心を示していた。同選手は、安定した出場機会が見込めること、そしてチャンピオンズリーグの出場権を獲得していることから、アヤックスを新天地に選んだようだ。

 なお、ベルフワインは2005年から2011年にかけて、アヤックスの下部組織に在籍。今年1月の移籍市場でもアヤックスは同選手の獲得に動いていたが、トッテナムが放出を拒否して移籍は成立していなかった。

>

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO