FOLLOW US

ウェストハムがモロッコ代表DFアゲルドを獲得! レンヌから完全移籍、5年契約

ウェストハムに移籍するナイフ・アゲール [写真]=Getty Images

 ウェストハムは20日、レンヌからモロッコ代表DFナイフ・アゲルドが完全移籍で加入するとクラブ公式サイトで発表した。

 イギリスメディア『BBC』によると、移籍金は3000万ポンド(約50億円)となる模様。契約期間は2027年6月30日までの5年間となり、背番号は「27」に決定した。

 現在26歳のアゲルドは左利きのセンターバック。父もモロッコ1部で選手として活躍し、おじのアブデルマジド・ブイブド氏はFIFAワールドカップアメリカ1994のモロッコ代表メンバーだった。

 アゲルドは2018年夏に母国のクラブからディジョンに加入し、2020年8月にレンヌへとステップアップ。リーグ・アン通算91試合に出場し、チャンピオンズリーグやヨーロッパカンファレンスリーグでのプレー経験もある。また、モロッコ代表では2016年夏にデビューを飾り、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督の下でレギュラーポジションを確立している。

 加入に際し、アゲルドはウェストハムのクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントした。

「ウェストハムからの関心を知った時は本当にワクワクした。プレミアリーグは選手にとって憧れの場所だからね。ウェストハムは歴史のあるクラブだ。今季も何試合か観たけど、ファンも最高で素晴らしい雰囲気だ。(デイヴィッド・モイーズ)監督とも会話して、僕に対する本気度を知れたから、ウェストハム加入を選ぶのは簡単だった」

 また、モイーズ監督は「ナイフをウェストハムに迎えることができ、とても嬉しく思っている。我々は以前から彼の動向を追ってきたが、今回、契約を完了することができ、非常に喜んでいる。彼は我々の守備の選択肢を増やしてくれる素晴らしい選手だ。ナイフの性格や態度には、話し合いの中で本当に感心させられた。彼は向上心と成功への強い願望を持っており、非常によく馴染むと確信している」とコメントし、アゲールの活躍に期待を寄せている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO