FOLLOW US

リヴァプールがFWヌニェスの加入を正式発表!「多くのトロフィーを獲得したい」

リヴァプールがヌニェス獲得を正式発表 [写真]=Liverpool FC via Getty Images

 リヴァプールは14日、ベンフィカからウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスを完全移籍で獲得したことを発表した。具体的な契約期間は公式には伝えられておらず、「長期契約」となる。背番号は「27」に決まった。

 今夏の“注目銘柄”として多くのビッグクラブが獲得に動いていた中、リヴァプールが22歳のストライカー争奪戦を制した。13日にはベンフィカ側から同選手の移籍についてリヴァプールと合意に至ったことが発表され、変動性の移籍金は7500万ユーロ(約106億円)から最大で1億ユーロ(約141億円)に達する可能性があると明かされていた。なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、契約期間は2028年夏までの6年間になっているという。

 完全移籍加入に際し、ヌニェスはリヴァプールのクラブ公式HPにてコメントを発表している。

「リヴァプールという素晴らしいクラブに来ることができて本当に嬉しい。パートナー、両親、そして僕の自慢の息子に感謝したい。彼らは僕のキャリアの中で、本当に重要な存在だった。家族というチームのおかげで僕は今ここに居られるんだ」

「リヴァプールとは対戦したこともあるし、チャンピオンズリーグでも多くの試合を見てきた。たくさんの偉大な選手たちがプレーしているクラブで、僕のスタイルにも合っていると思う。僕の持っている全ての力を出し切って、クラブを手助けできる存在になりたい」

「トレーニング場に到着して、施設の充実度とこれまで獲得してきたトロフィーの数に驚かされた。タイトルを獲得して、トロフィーを掲げること。それがリヴァプールへと来た理由のひとつだ。リヴァプールでできる限り多くのトロフィーを獲得したい」

 現在22歳のヌニェスは、高い決定力、足元のテクニック、背後への鋭い抜け出しなどを兼ね備えた187cmの大型FWだ。母国の名門ペニャロールでキャリアをスタートさせると、アルメリアを経て、2020年9月にベンフィカへと加入した。ベンフィカでは2シーズンプレーし、公式戦通算で85試合出場48ゴールを記録。ウルグアイ代表ではこれまでに11試合に出場して2ゴールをマークしている。なお、リヴァプールにとってはルイス・スアレス、セバスティアン・コアテスに続く3人目のウルグアイ人選手となる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO