FOLLOW US

マンC守備陣に負傷者続出…R・ディアス、ウォーカー、ストーンズが今季絶望

今季絶望となった(左から)R・ディアス、ウォーカー、ストーンズ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、負傷者が続出している守備陣に言及した。8日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 プレミアリーグ第36節が8日に行われ、マンチェスター・Cはニューカッスルに5-0で快勝。今節は2位リヴァプールがトッテナムと1-1で引き分けたため、勝ち点差を「3」に広げることに成功した。

 しかし、先発出場していたポルトガル代表DFルベン・ディアスが筋肉の問題で後半開始から交代となると、試合後にグアルディオラ監督は「ルベン、カイル、ジョンはシーズン終了まで欠場する」とコメント。この試合を欠場していたイングランド代表DFカイル・ウォーカー、同代表DFジョン・ストーンズとともにR・ディアスは今季中に復帰することはできないと明言した。

 さらに、グアルディオラ監督はオランダ代表DFネイサン・アケが足首の問題を抱えていることも明かした一方で、守備陣に負傷者が続出していることは問題がないことも強調した。

「このような状況では問題ない。ロドリもそこでプレーできる。それにアカデミーもある。誰もが上乗せしなければならない。13選手と半分(アケが起用微妙なため)がいるが、誰もが欠場者の分を助けるためにより多くのことをしなければならない。私たちは問題を抱えながら来るがそれだけだ。フェルナンジーニョはよくやったし、私たちはそのようにやっていくつもりだ」

 マンチェスター・Cは今後、11日に8位ウルヴァーハンプトン、15日に7位ウェストハム、22日に11位アストン・ヴィラとの対戦を控えている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO