FOLLOW US

リーグ制覇狙うリヴァプール、CL出場権獲得目指すトッテナム 白熱の試合は両者痛いドロー

白熱の一戦は痛み分けに [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第36節が7日に行われ、リヴァプールとトッテナムが対戦した。

 首位マンチェスター・Cを勝ち点1差で追うリヴァプール。今節は先に試合を行うため、勝利してマンチェスター・Cにプレッシャーをかけたい。3トップにはモハメド・サラー、サディオ・マネ、ルイス・ディアスが並んだ。一方のトッテナムも来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得圏内の4位アーセナルを勝ち点2差で追うため、アウェイでのリヴァプール戦と言えども、負けられない試合となった。

 試合は戦前の予想通り、リヴァプールがボールを保持し、トッテナムがカウンターを狙う展開に。リヴァプールは高い位置からのプレッシャーをかけつつ、ボール保持時はチアゴ・アルカンタラのゲームメイクやルイス・ディアスの仕掛けなどからチャンスをうかがう。トッテナムは丁寧にマークを受け渡しながら、ボールを奪ったら幅を取りつつ、ハリー・ケインやデヤン・クルゼフスキから一気に相手ゴール前を狙う姿勢を見せていく。

 39分、リヴァプールは左CKからフィルジル・ファン・ダイクが頭であわせたがクロスバー上部をヒット。トッテナムも42分にカウンターからソン・フンミンがため、ピエール・エミール・ホイビュルクがミドルシュートで狙ったが、こちらもゴールポスト左外側に当たってゴールならず。前半はスコアレスで折り返す。

 後半もリヴァプールが保持する展開でスタートしたが、56分にトッテナムが先制する。GKウーゴ・ロリスからのミドルパスを左サイドに流れていたエメルソン・ロイヤルが受けると、ラフに前線右へ。ケインが巧みに収め、左サイドを駆け上がったライアン・セセニョンに渡し、折り返しをソン・フンミンが決めた。

 先行を許したリヴァプールは選手交代で前線の枚数を増やすと74分、右サイドのスローインから中央のマネ、チアゴとボールがわたり、最後はルイス・ディアスがミドルシュート。これが相手ブロックに当たってコースが変わり、ゴール左隅に吸い込まれた。

 リヴァプールは勝ち越し点を奪いに行くが、トッテナムはそれを許さず。試合は1-1のドローに終わり、リーグ制覇を目指すリヴァプールは暫定首位に立ったものの、8日に試合を控えるマンチェスター・Cと勝ち点で並ぶにとどまった。チャンピオンズリーグ出場権獲得を目指すトッテナムも同じく8日に試合を控えるアーセナルと勝ち点1を縮めるのみとなった。なお、リヴァプール所属の南野拓実はベンチ外だった。

 リヴァプールは10日、アウェイでアストン・ヴィラと対戦。トッテナムは12日にホームでアーセナルと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 1-1 トッテナム

【得点者】
0-1 56分 ソン・フンミン(トッテナム)
1-1 74分 ルイス・ディアス(リヴァプール)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO