FOLLOW US

マンCのストーンズとアケは軽傷か、グアルディオラ監督「リスクを冒したくなかった」

自らの足でピッチを退いたストーンズ

 マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が20日のブライトン戦後、試合途中でピッチを退いたジョン・ストーンズとネイサン・アケの状態についてコメントした。

 試合は、苦しみながらも後半の3得点でマンチェスター・Cが勝利を収め、リヴァプールと熾烈な優勝争いを繰り広げているプレミアリーグで首位に返り咲いたが、アケがハーフタイムに、ストーンズが77分に、それぞれ違和感を訴えてピッチを退いた。

 プレミアリーグの優勝争いに加え、翌週のミッドウィークにはチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリード戦を控えているが、チームは現在、カイル・ウォーカーが負傷離脱中で、ジョアン・カンセロが累積警告によりCL準決勝ファーストレグに起用できない状況。さらに最終ラインを担うストーンズとアケが離脱となれば、負けられない試合が続くシーズン最終盤に向けて不安を抱えることになる。

 グアルディオラ監督はジョーンズの状態について「少し張りを感じたようだ」と語り、「アクションを起こしてピッチに倒れ込んだわけではない。プレーできていたが、少し張りを感じた。リスクは冒したくなかったし、詳しいことは今後わかるだろう」との見解を示し、ハーフタイムに交代となったアケに関しては足首を痛めたことを明かし、問題を抱えているサイドバックのポジションでリスクを冒したくない考えを強調した。

 勝ち点1差で首位に立つマンチェスター・Cは今後、23日にワトフォードと対戦し、27日にはCL準決勝ファーストレグのR・マドリード戦と、落とせない重要な試合が続いていく。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO