FOLLOW US

アーセナルが米代表守護神ターナーの獲得で合意…27歳の新GKが来夏加入へ

来夏からアーセナルに加入するGKターナー [写真]=Getty Images

 メジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューイングランド・レボリューションは12日、アメリカ代表GKマット・ターナーがアーセナル移籍することで合意したことを公式サイトで発表した。

 ニューイングランド・レボリューションは、守護神のターナーの移籍に関し、アーセナルと条件面で合意に達したことを公表。メディカルチェックなどはまだ行われていないものの、ターナーはこれからMLSの前半戦を戦い、今年6月の後半にアーセナルへ正式加入する予定のようだ。移籍市場に詳しい記者のファブリツィオ・ロマーノ氏によると、移籍金はボーナス込みで970万ドル(約11億円)になるという。

 現在27歳のターナーは、ニューイングランド・レボリューションの守護神としてMLS通算94試合に出場しているゴールキーパー。身長191センチメートルのターナーは、現在アメリカ代表でも定位置の座を掴み、昨年のCONCACAFゴールドカップでは全試合にフル出場して優勝に導いた。また、FIFAカタールワールドカップカタール2022北中米カリブ海予選でも、全11試合中8試合でゴールマウスを託されている。

 アーセナルは、イングランド代表GKアーロン・ラムズデールの加入によって今季ベンチを温めることになっているドイツ代表GKベルント・レノの退団が有力視されており、同選手の来夏の移籍に備えた後釜を確保する形となったようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO