FOLLOW US

アーセナルに敗れ連勝ストップのレスター…監督は立ち上がりについて「受け身になりすぎた」

立ち上がりに勝負を決められたレスターのロジャース監督 [写真]=Getty Images

 レスターのブレンダン・ロジャース監督が30日、クラブ公式サイトを通じてコメントを残した。

 同日、レスターはアーセナルとホームで対戦。試合は5分にU-23ブラジル代表DFガブリエウ、18分にU-21イングランド代表MFエミール・スミス・ロウに決められ、そのまま0-2で敗れた。

 試合終了後、ロジャース監督がインタビューに応じ、「悪いスタートで代償を払うことになった」と語り、以下のように続けた。

「集中力の欠如で、強い相手にビハインドを負うことになった。我々はここ数試合で良いスタートを切ることが出来たものの、特にアーセナルのような良いチーム相手にひっくり返すのは難しい」

「我々は受け身になりすぎた。それは懸念事項です。選手たちが一定のレベルとメンタリティを備え、試合を上手くスタートさせなければ、今日のように代償を支払うことになる。ただ、後半に関して不満は無い。我々は素晴らしいと思った」

「(イングランド代表MF)ハーヴェイ・バーンズと(イングランド人MF)アデモラ・ルックマンはどちらも素晴らしかった。彼らはプレッシャーをピッチ上にもたらしてくれた。我々は後半、はるかに良かった」

 レスターは次節、アウェイでリーズと対戦する。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO