FOLLOW US

R・ジェームズが強盗被害告白…負傷者はいなかったもののCLなどのメダル盗難

R・ジェームズが強盗被害告白 [写真]=Getty Images

 チェルシーのイングランド代表DFリース・ジェームズが強盗被害に遭ったことを明かした。イギリス紙『イブニングスタンダード』が伝えている。

 R・ジェームズは14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第1節ゼニト戦に先発出場を果たした。試合は1-0でチェルシーが勝利したが、遠征の裏で強盗被害に遭ったようだ。

 同選手は自身のSNSを更新し、被害を告白。人的被害はなかったものの、チェルシーで勝ち取ったCL優勝メダルとイングランド代表でEURO2020準優勝を成し遂げた際のメダルが盗まれたことを明かしている。

「2021年9月14日の夜、所属するクラブがCLを戦っていたとき、臆病な強盗グループが家に侵入した。彼らは、個人的なものが入った重い金庫をまとめて車に乗せて去ったんだ。僕は貴重品は家に置いていないから、金庫に入っていたのは、CLの優勝メダル、スーパーカップの優勝メダル、それにEURO2020の準優勝メダルだけだった。これらのメダルは、チェルシーとイングランドを代表して獲得したものだ。だからそれを証明する物としてのメダルがあってもなくても、決して奪うことのできない誇りだよ」

「僕はチェルシーとイングランドのファンの皆さんに、このような最低な人物を特定するため、協力を呼びかけたい。今は証拠が続々と出てきているから彼らも安心できないだろう。警察、アドバイザー、チェルシー関係者(そしてその他多くの人)が協力してくれているし、犯人の手掛かりはつかんでいる。彼らに迫っている」

「幸いなことにその時間、家には誰もいなかったし、僕自身も問題ない。このような不運な出来事を伝えることができてよかった。そして、正義のためにともに犯人の逮捕に迫りたいと思っている」


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO