FOLLOW US

ファン・ダイクがリヴァプールと契約延長!…大けがを乗り越え再出発

ファン・ダイクがリヴァプールと契約延長 [写真]=Getty Images

 リヴァプールは13日、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクとの契約延長を発表した。イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、契約期間は2025年6月30日までとなるようだ。

 現在30歳のファン・ダイクは2018年1月、当時のDF史上最高額となる移籍金7500万ポンド(当時レートで約114億円)でサウサンプトンからリヴァプールへと完全移籍。加入直後からDFリーダーとして抜群の存在感を発揮し、これまで公式戦通算130試合に出場している。

 2018-19シーズンにはクラブを6度目のチャンピオンズリーグ優勝に導き、同シーズンはPFA年間最優秀選手賞、UEFA年間最優秀選手賞などの個人タイトルも獲得。2019年のバロンドールではリオネル・メッシに次いで2位となった。

 2019-20シーズンはプレミアリーグ優勝を果たし、30年ぶりのトップリーグタイトルをクラブにもたらした。また、同シーズンにはUEFAスーパーカップとFIFAクラブ・ワールドカップも制した。

 しかし、2020-21シーズンは第5節のエヴァートン戦で相手GKと接触した際に右ひざのじん帯を損傷し、手術を実施。1シーズンを棒に振り、今夏に行われたEURO2020への出場も見送っていた。

 プレシーズンマッチで実戦復帰を果たしているファン・ダイクは、契約延長に際し次のようにコメント。再出発の1年となる新シーズンに向けての意気込みを示した。

「残念ながら、僕にとって昨シーズンは、忘れなければならない、学ばなければならないシーズンとなった。それでも、僕はここでの時間を楽しんできたし、これからの2、3年もみんなと一緒に楽しんでいきたい」

「状態はいいよ。親善試合で試合勘を取り戻してきた。週末(開幕節のノリッジ戦)に向けての準備はできていると思うから、ユルゲン・クロップ監督がどう判断するかだね。僕自身にとっても、(過去に比べて)雰囲気や考え方がまったく違うものになると思うよ」



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO