FOLLOW US

マンU主将マグワイア、タイトル獲得へ覚悟示す「成果を出さなければならない」

マンチェスター・Uに所属するマグワイア [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイアが、来たる2021-22シーズンについて語った。12日付けでイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 2019年にマンチェスター・Uへ加入してから3シーズン目を迎えようとしているマグワイアだが、未だタイトルを獲得できていない。昨シーズンはUEFAヨーロッパリーグの決勝戦へ進出したものの、PK戦の末に涙を飲む結果となった。ただ、現在キャプテンも務めるマグワイアはチームの成長を感じており、新シーズンこそトロフィーを掲げられると感じているようだ。以下のように語っている。

「世界のトップチームと渡り合えるようになったという点で、我々は進歩してきた。もちろん、今は成果を出さなければならない時期だと感じている。ここ2、3年でタイトルを争う力を証明してきたから、トロフィーを獲得しなければならない。このクラブでは毎シーズン求められていることだ」

「今シーズンは、これまで以上に競争の激しいシーズンになるだろう。我々は補強を行い、そして周りのクラブも同様に強化している。このリーグには、素晴らしいチームがたくさんあるんだ。昨シーズンはマンチェスター・Cが優勝したが、僕もよく知っているジャック(・グリーリッシュ)と契約した。彼はトッププレイヤーの1人だから、手強い相手になるだろう」

「チェルシーやリヴァプールなども同様で、集中力を維持して良い試合をする必要がある。とはいえ、我々にとって最も重要なことは、自分たちのプレーに集中することだ。昨シーズンと比べての改善が求められているからね」

 また、マグワイアは今夏ドルトムントから加入したFWジェイドン・サンチョについても「彼は素晴らしい才能の持ち主だ。このクラブの真のスターになれる選手で、彼が備える実力と自信があれば、我々が目指す大きなことを果たせるだろう」と言及し、その活躍に期待を込めた。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO