FOLLOW US

アーセナルがマディソン獲りを狙うも…この動きに仏代表代理人が困惑?

マディソン(左)を狙うアーセナルだが、この動きにアワール(右)の代理人は… [写真]=Getty Images

 リヨンに所属するフランス代表MFフセム・アワールの代理人は、アーセナルの今夏の動きに驚いているようだ。4日、イギリスメディア『フットボールロンドン』が報じている。

 アーセナルは、この夏の移籍市場でレスターのイングランド代表MFジェームズ・マディソンの獲得を狙っており、選手本人も移籍を希望していると報じられている。だが、2020年夏の移籍市場からアーセナルは1年以上アワールの動向を追っていたとも伝えられ、2021年夏に同クラブへの移籍が実現すると考えていたアワールの代理人は、この動きに驚いていると同メディアは報じている。

 しかしながら、同メディアはアワール獲得の可能性が潰えた訳ではなく、まだアーセナルの選択肢には残っており、マディソンより若い(マディソンは1996年11月23日生まれの24歳、アワールは1998年6月30日生まれの23歳)点、チャンピオンズリーグ(CL)出場経験がある点、必要とされる移籍金が半額であるとされ、リヨンがアワールを売却する意思がある点を指摘している。

 アーセナルの動きに振り回された格好のアワールと同選手の代理人。果たしてアーセナルはマディソンを選ぶのか、アワールを選ぶのか。注目が集まる。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO