FOLLOW US

終盤に痛恨の失点…それでも前を向くDFベジェリン「プラハに向けて心配はない」

アーセナルに所属するベジェリン [写真]=Getty Images

 アーセナルに所属するスペイン代表DFエクトル・ベジェリンがスラヴィア・プラハ戦を振り返ってコメントした。8日、クラブが公式サイトで伝えている。

 アーセナルは8日、ホームで行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝ファーストレグでスラヴィア・プラハと対戦。スコアレスで差し掛かった終盤の86分、見事なカウンターからFWニコラ・ペペが冷静に沈めて先制するも、後半アディショナルタイム4分にCKから同点ゴールを許し、1-1でセカンドレグへと折り返すこととなった。

 試合後、フル出場のベジェリンはインタビューに応じ、「もちろん、勝つべきだと思った試合に勝てなかったのだから、非常に残念だ」としつつ、その心境を口にした。

「受け入れることは難しいけど、結局まだプレーする目的はすべて残っているし、スコアは1-1だ。僕らは彼らがどのようにプレーするのか理解したし、試合中には非常に良い瞬間もあったと思う」

「彼らのプレッシャーを突破し、チャンスを作ることができた。だから、プラハに行ってやるべきことをすることに向けて、心配はないよ」

「やり続けなければいけないと思うし、別の試合であれば点を取ることができただろう。今日は僕らの日ではなかったね。あと、1-0でリードした後も、試合をコントロールするもっと良いやり方があったはずだし、選手として僕らが責任を取るよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO