FOLLOW US

グアルディオラ監督、退団発表のアグエロを絶賛「かけがえのない存在」

退団発表のアグエロについてグアルディオラ監督が言及した [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、今シーズン限りで退団することが決定したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロに言及した。30日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 マンチェスター・Cは29日、今夏に契約満了を迎えるアグエロが今シーズン限りで退団することを発表した。2016年夏から同クラブを率いるグアルディオラ監督は、クラブの歴代最多得点記録保持者となっているアグエロは替えがきかない存在だと語った。

「まだ2カ月先のことだ。今日の練習でも彼がどれだけ素晴らしく、集中しているかを見ることができた。セルヒオはかけがえのない存在だ。数字上では替えがきくかもしれないが、360試合以上に出場し、250ゴール以上の得点を挙げ、獲得してきたタイトル数を見ると、それが簡単ではないことがわかる」

「だから彼はレジェンドなんだ。このクラブに在籍していたこれまでの中で最高のストライカーだ。それでも、ファンたちや我々、彼と一緒にプレーした選手たち、一緒に仕事をした全ての監督たちの魂や心の中ではかけがえのない存在だ。彼は素晴らしい人間であり、彼の心が今と同じようにアグレッシブであるならば、2年、3年、4年、5年とまだまだ長くキャリアを続けられることを確信している」

 今シーズンのアグエロはケガや新型コロナウイルス感染の影響もあり、公式戦14試合出場で3ゴールのみにとどまっている。それでも、グアルディオラ監督は「彼は今シーズンも得点することができると思う」と残り試合で得点を量産することを期待していると明かし、同選手がクラブの成長に大きく貢献したことも強調した。

「不運にも彼は1年近く戦列を離れていた。我々はその間に成功を収めることができたので、みんなは信じないだろうが、彼がいないことで苦労した時期もあった。特別な能力を持つ彼がいなかったことで、ゴール前での質を代わりに見つけることに苦労していた」

「彼の後にこのクラブに来た人たちはとても幸運だ。例えば監督の私もその一人だ。彼はジョー・ハートやパブロ・サバレタ、ヴァンサン・コンパニ、ダビド・シルバらと一緒にこのクラブを一歩前進させた。その後に私は就任した。彼はこのクラブをより高いレベルへと成長させるために手助けをした。そのおかげで多くの人々がまだここにいる。彼らがいなければ、我々がここ4年から5年で成し遂げてきたことは不可能だった。それは確かだ」

 現在32歳のアグエロは2011年夏にアトレティコ・マドリードからマンチェスター・Cに移籍。これまで10シーズンで公式戦384試合の出場で257ゴールを記録し、クラブの歴代最多得点記録保持者となっている。1年目の2011-2012シーズンには最終節のQPR戦で劇的な決勝ゴールを決めてクラブ史上初のプレミアリーグ制覇に導くなど、これまで4度のリーグ優勝や5度のリーグカップ制覇などに貢献。14-15シーズンには26ゴールを挙げてプレミアリーグ得点王に輝いた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO