FOLLOW US

シェフィールド・U、指揮官の退任を発表…今シーズン最下位に沈む

退任したクリス・ワイルダー氏 [写真]=Getty Images

 シェフィールド・Uは13日、指揮官を務めるクリス・ワイルダー氏が双方の同意により退任したことを発表した。

 ワイルダー氏は2016年5月にシェフィールド・Uの指揮官に就任。ワイルダー氏は2017年にシェフィールド・Uをリーグ1(イングランド3部相当)からチャンピオンシップ(イングランド2部)に昇格させ、2019年にはプレミアリーグに昇格させた。

 今シーズンはプレミアリーグで4勝2分22敗の勝ち点「14」で最下位に沈んでおり、残留圏17位ブライトンとの勝ち点差は「12」となっている。

 ワイルダー氏は「シェフィールド・Uで監督を務めたことは特別な旅であり、決して忘れることはない。2016年にこの機会を与えてくれて嬉しく思う。選手、スタッフ、サポーターを含め、クラブの業績に貢献してくれた全ての人に感謝したい」と述べた。

 今シーズン終了までは、U-23の指揮官を務めるポール・ヘッキングボトム氏が暫定監督を務めることが決定している。



SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO