FOLLOW US

かつて本田や岡崎とプレーのFWムサが人気銘柄に…WBAは資金捻出に苦慮

2021.02.07

レスター時代のムサ [写真]=Getty Images

 ナイジェリア代表FWアーメド・ムサにイングランドクラブが興味を示しているようだ。イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。

 現在無所属のムサはウェスト・ブロムウィッチの加入に近づき、すでにメディカルチェックを受けていた模様。しかし今冬の移籍市場でセネガル代表FWエンバイェ・ディアニェとイングランド代表MFエインズリー・メイトランド・ナイルズ、トルコ代表MFオカイ・ヨクシュルとスコットランド代表MFロバート・スノッドグラスを獲得。新型コロナウィルスの感染拡大による収入減の中で行った大型補強により、ムサとの契約に向けて資金の捻出に苦慮しているようだ。

 同メディアは同クラブが契約に至っていない状況に乗じて、バーンリーやブライトン、そして古巣のCSKAモスクワが獲得に乗り出す可能性があると指摘。残留争いのライバルへの加入は避けたいところだけに、今後の動向に注目が集まるだろう。

 28歳のムサはVVVフェンロとCSKAモスクワで活躍し、当時のクラブ史上最高額となる移籍金でレスターへ加入。しかしプレミアリーグでは2得点と結果を残せず、CSKAモスクワへのレンタル移籍を経てアル・ナスルに2018年に完全移籍。昨年10月クラブからの退団を発表されていた。

By サッカーキング編集部

サッカー総合情報サイト

世界のサッカー情報を配信する国内最高峰のサッカー総合メディア。日本代表をはじめ、Jリーグ、プレミアリーグ、海外日本人選手、高校サッカーなどの国内外の最新ニュース、コラム、選手インタビュー、試合結果速報、ゲーム、ショッピングといったサッカーにまつわるあらゆる情報を提供しています。「X」「Instagram」「YouTube」「TikTok」など、各種SNSサービスも充実したコンテンツを発信中。

SHARE

SOCCERKING VIDEO