FOLLOW US

クロップがマンCとの直接対決を前に、新加入デイヴィス&カバクの起用について言及

リヴァプールを率いるクロップ監督 [写真]=Getty Images

 リヴァプールのユルゲン・クロップ監督が、冬の移籍市場最終日に獲得したイングランド人DFベン・デイヴィスとトルコ代表DFオザン・カバクについてコメントした。5日、クラブ公式サイトが伝えている。

 リヴァプールは今シーズン、オランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクやイングランド代表DFジョー・ゴメスが長期離脱を強いられており、カメルーン代表DFジョエル・マティプも足首じん帯損傷で今季絶望。主力級のセンターバックが不在となっていたなか、プレストン・ノースエンド(2部)からデイヴィスを完全移籍で、シャルケからカバクを期限付き移籍で獲得することに成功した。

 7日に行われる首位マンチェスター・Cとの大一番を控え、クロップ監督は両選手の状況についてコメント。デイヴィスとカバクを起用するかどうかは「分からない」としつつ、最終的な判断に向けてこのように説明した。

「状況とともにもう一度我々は、誰がプレーできて誰がそうでないか、誰がプレーすべきで誰がそうでないかを見ることになる」

「理想的に言えば、何週間かもらって守備的な部分、特に組織的なものを一緒にトレーニングしたいね。ベンとオザンは昨日、分析ミーティングとトレーニングもして、そこで我々が普段やっているすべてのことを見せた。センターバックの映画のようなものをね」

「そして今日は本当のトレーニングセッションだ。そして明日もセッションに参加し、そこで我々は様子を見ることになる。だからまだ分からないよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO