FOLLOW US

リヴァプール南野拓実、待望のプレミアリーグ初ゴール! 日本人選手7人目

南野がプレミアリーグでの初ゴールを記録した [写真]=Getty Images

 リヴァプールに所属するFW南野拓実が、19日に行われたプレミアリーグ第14節のクリスタル・パレス戦で同リーグでの初ゴールを決めた。

 南野はクリスタル・パレス戦で今季のリーグ戦2度目の先発メンバー入りを果たし、左ウイングでスタート。3分、サディオ・マネのパスを中央で受けると、相手に寄せられながらもボールをコントロールし、右足を振り抜いてゴール左下に突き刺した。

 南野はプレミアリーグ通算18試合目の出場で初ゴールを記録。稲本潤一(フルアム、現SC相模原)、中田英寿氏(ボルトン)、香川真司(マンチェスター・U)、吉田麻也(サウサンプトン、現サンプドリア)、岡崎慎司(レスター、現ウエスカ)、武藤嘉紀(ニューカッスル、現エイバル)に続いて、日本人選手7人目となる英1部でのスコアラーとなった。
 
 現在25歳の南野は今年1月にザルツブルクからリヴァプールへ完全移籍し、1月5日に行われたFAカップ3回戦のエヴァートン戦で新天地デビューを飾った。今シーズンはここまで公式戦15試合に出場しており、8月29日に行われたコミュニティ・シールドのアーセナル戦で移籍後初ゴールをマーク。9月24日に行われたカラバオ・カップ3回戦のリンカーン戦では2ゴールを決めている。クリスタル・パレス戦の得点で今季4ゴール目となった。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO