FOLLOW US

T・シウヴァがランパード監督からのメッセージを明かす…好調維持の秘訣についても言及

チェルシーと代表についてコメントしたT・シウヴァ [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するブラジル代表DFチアゴ・シウヴァが代表活動やクラブを率いるフランク・ランパード監督についてコメントした。イギリスメディア『イブニングスタンダード』が伝えている。

 T・シウヴァは今夏、パリ・サンジェルマンからチェルシーに加入。以来ランパード監督の信頼を勝ち取りディフェンスリーダーとして君臨、8試合に出場し6回のクリーンシートに貢献している。

 36歳ながら前線で良いパフォーマンスを見せているT・シウヴァは、ブラジル代表でのプレーについて次のようにコメントした。

「良い数字と説得力あるパフォーマンスでプレミアリーグに来られて、目標であるブラジル代表での継続ができて幸せだ。ピッチ上でのパフォーマンスが、ここに留まらせてくれるだろう。しかし、重要なのは今、ワールドカップ出場権を得るために予選で自分を最大限に捧げることであり、その後はどうなるかを見ることだ」

 好調を維持し続ける秘訣として食事面を改善したことを明かしたT・シウヴァ。「年を取ると、食事の部分で少し気を使うようになる。チェルシーと代表チームが望んでいるレベルに達し、成績を上げるためには、求めていることを100パーセントする必要があるんだ」と語り、「2年ほど前から個人シェフを雇い、食事の習慣を少し変えている」と秘訣を明かした。

 移籍に際しランパード監督から“口説かれた”と語ったT・シウヴァは、次のように舞台裏を語った。

チェルシーと契約しようとしていた時、彼はマラカナで行われたブラジル代表とイングランド代表の親善試合で、それぞれのチームのキャプテンが挨拶をしている写真付きのメッセージを送ってきたんだ。とても驚いたよ。あまり記憶にはなかったんだけどね」

「彼から指導を受けるとは思ってもいなかった。でも彼が僕の仕事を気に入ってくれてよかったよ。チェルシーと代表チームを助けるためにベストを尽くしたい。自分が対戦した選手で、世界で最も偉大なミッドフィルダーの一人だった選手にトレーニングを受けることは誇りだ。ロッカールームを共有し、意見を交換し、あらゆる方法でみんなを助けられることはとても嬉しい」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO