FOLLOW US

FAクラーク会長が辞任…差別的発言で謝罪「許されない言葉だった」

FAのクラーク会長が辞任 [写真]=Getty Images

 FA(イングランドサッカー協会)は10日、グレッグ・クラーク会長の辞任を発表した。

 イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、クラーク会長は同日にイギリス政府の委員会に出席した際、BAME(黒人・アジア人・少数民族)の選手について人種差別的な意味を持つ「coloured(有色人種)」を使って表現。直後に謝罪したものの、批判の声が上がり問題となっていた。

 問題発言の同日に辞任を決断したクラーク会長はFAの公式サイトを通じ、「国会での私の許されない発言は、我々のフットボール、そして試合を見る人、プレーする人、試合を裁く人、運営する人たちに対する冒涜でした。このことで辞任する決心がつきました。私たちが一生懸命に受け入れてきたフットボールにおける多様なコミュニティの人たちの気持ちを害したことを深く悲しんでいます」と述べた。

 FAの発表によると、ピーター・マコーミック副会長が同日付で暫定会長に就任。理事会が新会長の選定と任命のプロセスを開始するという。「組織として、多様性を促進し、不平等に対処し、試合内のあらゆる形態の差別と戦うために、全力で取り組んでいくことを再確認します」とコメントした。

 2016年から会長を務めていたクラーク氏は10日、デジタル、文化、メディア、スポーツ省(DCMS)の特別委員会にオンラインで出席。選手に対するSNS上の人種差別的な誹謗中傷について話していた際に「有色人種の選手」と発言し、直後にDCMSのケヴィン・ブレナン議員に指摘されると、「もしそう言ってしまったのであれば、深くお詫びします」と謝罪した。だが、その他にも南アジア出身者や同性愛者を軽視するような発言などもあったという。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO