FOLLOW US

規律違反、笑気ガス吸引…マンUがグリーンウッドの生活態度に懸念、10月には本人と面談済み

すっかり“素行不良”のイメージがついてしまった、マンUのグリーンウッド [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uが、イングランド代表FWメイソン・グリーンウッドの生活態度を心配しているようだ。9日に、イギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

 現在19歳のグリーンウッドは、今年9月にネーションズリーグ・グループステージ第1節アイスランド代表戦でイングランド代表デビューを飾った。しかし、同じく代表デビューを飾ったマンチェスター・C所属のMFフィル・フォーデンと、試合後に女性をホテルに連れ込むというトラブルを起こし、謝罪に追い込まれた。さらに、その後には過去の笑気ガス吸引映像が流出するなど、すっかり“素行不良”のイメージがついてしまっている。

 今月7日に行われたプレミアリーグ第8節エヴァートン戦(3〇1)で、グリーンウッドはベンチ入りメンバーからも外れた。招集外の理由としてはコンディション不良が挙げられていたが、『デイリー・メール』によると、グリーンウッドは前日のトレーニングで標準以下のパフォーマンスに終始しており、そのことがベンチ入りをも逃した主な理由だと主張している。トレーニング中、グリーンウッドがチームメイトからのパスを追いかけなかったことで、ポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスと口論したという憶測も流れたが、これはクラブ側が否定している。

 また『デイリー・メール』によれば、クラブはグリーンウッドの生活態度を問題視しており、日頃の行いがパフォーマンスの妨げになっていると考えているという。特にクラブは、グリーンウッドの睡眠と休息の量について懸念を抱き、10月には生活管理についてグリーンウッド本人と話し合った模様。間違いなく素晴らしい才能を持っているだけに、クラブとしてはグリーンウッドの生活態度を改めさせたいようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO