FOLLOW US

マンU下したアーセナルDFホールディングが喜び「勝利とクリーンシートに満足」

ホールディングが試合を振り返った [写真]=Getty Images

 アーセナルに所属するDFロブ・ホールディングがプレミアリーグ第7節マンチェスター・U戦を振り返りコメントした。イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

 アーセナルは敵地でマンチェスター・Uと対戦し、FWピエール・エメリク・オーバメヤンのゴールを守り切り1-0で勝利を収めた。ホールディングはハムストリングの負傷により欠場すると見られていたがミケル・アルテタ監督によるスターティングイレブンに名を連ね、実に14年ぶりのオールド・トラッフォードでの勝利に貢献した。

 試合を振り返ったホールディングは喜びを語った。

「パフォーマンスとクリーンシートはハッピーだ。リーグ戦では14年勝てていなかったからそれを取り戻すことができて嬉しいよ。チームの調子は上向いているし、この勢いを維持できればいいね」

 アーセナルは、FWブカヨ・サカのフリーでのヘディングシュートやMFウィリアンのバー直撃シュートなど惜しいシーンも多く作った。より楽な展開にできたはずの試合を悔やみつつも、満足していると認めた。

「前半はクロスバーに当たってしまったし、ブカヨのヘディングは入れることができたはずだ。別の日だったら3-0か4-0で勝っていたかもしれない。でもなにより勝利とクリーンシートを手に入れることができて満足しているよ」

「ユナイテッドはいつも後半にゴールを決めるエキスパートなので、彼らが最後の数分間に全力を出すことはわかっていた。でも気持ちを入れて全員で守ったんだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO