FOLLOW US

FIFAランク1位のベルギー撃破…イングランド代表指揮官「大きな瞬間だった」

ガレス・サウスゲート監督がベルギー戦を振り返った [写真]=Getty Images

 イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督がベルギー戦後、試合を振り返った。11日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 イングランド代表は11日、UEFAネーションズリーグのリーグAグループ2の第3節でベルギー代表と対戦。16分にPKからインテルに所属するFWロメル・ルカクに先制を許し、押し込まれる時間帯が続いた。しかし、39分にマンチェスター・Uに所属するFWマーカス・ラッシュフォードのPKで試合を振り出しに戻すと、65分、チェルシーに所属するメイソン・マウントの得点で逆転に成功した。

 イングランドは、FIFAランキングで現在1位のベルギーを破り、UEFAネーションズリーグのリーグAグループ2の首位に立つことができた。サウスゲート監督は試合後、ベルギーに勝利したことは「我々にとって大きな瞬間だった」といい、以下のように振り返っている。

「彼らはトップチームだ。彼らは我々に自由にプレーさせてくれなかったし、我々はボールをうまく保持できなかった。トップレベルのゲームだったよ。多くの若い選手が出場したが、彼らにとっては素晴らしい経験となった。良かったのは、苦しい状況を打開する力があったことだ。後半はチャンスを得ることができ、ゲームが開けてきた」

「我々には、もっと良くできることがある。今回の勝利におごるのではなく、まずはデンマーク戦に向けて、この勝利から学ばなければならない。ただボールを持ってプレーするだけではダメなんだ。最高の相手に対しては、チームとしての守備を細部に至るまで絶対的にこだわることが必要だ。後半、我々はそれを正しく実行することができた」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA