FOLLOW US

メンディ加入も…ケパ、逆境恐れず「状況を好転させる自信がある」

チェルシーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガ [写真]=Getty Images

 チェルシーのスペイン代表GKケパ・アリサバラガが自身の状況を好転させる意気込みを語った。イギリスメディア『BBC』が6日に伝えている。

 スペイン代表にも召集されているケパは2018年にアスレティック・ビルバオからGK史上最高額の7100万ポンド(当時のレートで約100億円)でチェルシーに加入した。しかし、昨シーズンはむらのあるプレーが目立ちチーム内での序列は下落。今シーズンは開幕から再び先発に起用されたものの、リヴァプール戦でのパフォーマンスから再びベンチスタートに。さらにチェルシーはレンヌからセネガル代表GKエドゥアール・メンディを完全移籍で獲得し、現在はメンディがゴールマウスを守っている。

 居場所がなくなりローマへのレンタルも噂されたケパだが、結局はチェルシーに残留することとなった。同選手は「サッカー選手の人生には浮き沈みがある。それでも僕の手の中にあるのは務めを果たすことだよ」とコメント。この逆境を跳ね返す自信を続けている。

「僕は気分が良く、強く、自信を持っている。キャリアの中ではときどきこういう瞬間を生きなければならないね」

「僕がプレーする時には状況を好転させ、ベストを尽くすことができる自信があるよ。みんながプレーしたいと思っているけど、日々の生活の先のことは考えずに今は代表チームの試合に集中しているよ」

「中長期的には状況が変わることもある。僕はプレーしたいし、フィールドに出たい。そのために努力するよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA