FOLLOW US

契約延長のオーバメヤン、残留の裏話を語る「決め手となったのは…」

オーバメヤンはアーセナルにて契約延長を果たした [写真]=Getty Images

 アーセナルに所属するガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンは自身の契約延長についてコメントを残している。24日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 オーバメヤンは今シーズン、2018年から在籍しているアーセナルと3年間の契約延長を果たし、長期的な残留を決意。同選手はイングランドにて公式戦通算112試合に出場し72ゴール16アシストを記録しており、チームのエース格として活躍を繰り返している。

 同選手は自身の契約延長に至った経路について次のように語った。

「本当のことを話すと、複数のクラブから魅力的なオファーをもらっていたことは事実だ。でも、アーセナルに残留することが正しい選択だという直感があり、その気持ちを信じて契約にサインしたよ」

アーセナルでは個人としてもしっかり結果を残してチームに貢献できていた。ファンやクラブの人からも愛を感じることができていて、他のクラブに移籍してもこれほどまでのサポートを得ることはできないと思ったんだ」

「契約延長の決め手になった要因は2つあるよ。1つ目は(ミケル・)アルテタ監督の存在だ。彼がクラブに来てから本当にチーム全体が明るくなって、ポジティブなマインドセットになった。新しい戦術も持ち込んで、それが僕のプレースタイルに合っていたことも大切だったね」

「2つ目はさっきも少し話したけど、ファンの存在が大きかった。アーセナルは本当に特別なクラブで、このクラブで歴史を作りたいと思ったんだ。このクラブに残ってプレーできることを僕は本当に幸せに思うよ」

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA