FOLLOW US

イングランド代表追放のフォーデン、自身のSNS更新「全面的に謝罪したい」

5日のアイスランド戦に出場したフィル・フォーデン [写真]=Getty Images

 イングランド代表MFフィル・フォーデンが自身のツイッターを更新し、自らが代表から外された原因に関して言及し謝罪した。

 アイスランドでは新型コロナウイルス対策として入国後5日間の隔離が義務付けられていて、イングランド代表は他人と接触しないことを条件に隔離が免除されていた。しかし、アイスランド戦で代表デビューを果たしたフォーデンとFWメイソン・グリーンウッドは宿泊するホテルに女性を連れ込み、その映像が拡散。規則に反するこの行動から両選手は代表を離脱することとなった。

 フォーデンは自身のツイッターに「アイスランドでの私の行動について全面的に謝罪したい」と始め、以下の様に続けた。

「ガレス・サウスゲート(監督)、チームメイト、スタッフ、サポーター、そしてクラブと家族に謝罪する」

「ガレスからこれらの試合に呼ばれた時は、僕の最初のリアクションは計り知れないほどの誇りを感じたよ。代表デビュー戦でトップチームのシャツに袖を通したことは信じられないほど名誉なことだったね」

「僕は学ぶべきことがたくさんある若い選手だけど、マンチェスター・Cとイングランドを代表するという大きな責任があることを自覚している」

「今回、僕は間違った判断をして、僕の行動は期待される基準を満たすことができなかった」

「僕は、自分自身とイングランドの仲間を守るために設けられた新型コロナのプロトコルに違反した。その結果、チームと一緒にデンマークに行く機会を逃すことになってしまった」

「僕はこのミスから貴重な教訓を学ぶつもりだよ。今週のガレスとチームの幸運を祈っている」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA