FOLLOW US

再開後出場のないエジル、FA杯決勝も招集外に…移籍噂のトルコ滞在

トルコ移籍の噂が絶えないエジル [写真]=Getty Images

 アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジルは、現在トルコに滞在しているようだ。1日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 同メディアによると、エジルは1日に行われるFAカップ決勝チェルシー戦の招集メンバーから外れた模様。クラブからイギリスを離れる許可も得て、トルコへと旅立ったという。

 現在のアーセナルで最高給の週給35万ポンド(約4850万円)を稼ぐエジルは、今季の公式戦で23試合に出場しているが、1ゴール3アシストと期待に見合う活躍は見せていない。また、6月のリーグ再開後はミケル・アルテタ監督の“戦術的な理由”により出場がなく、6月末からは背中の問題を理由にメンバーからも外れていた。

 エジルは今夏の退団が噂されており、トルコ1部スュペル・リグ初優勝を果たしたイスタンブール・バシャクシェヒルが有力な新天地候補に挙げられている。しかし、同選手の代理人は先日、現行の契約が満了を迎える2021年6月末までアーセナルを退団するつもりはないと語っていた。果たして、今回のトルコ滞在はどのような意味を持つのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA