FOLLOW US

ドルトムント移籍の17歳MF、バーミンガムが背番号「22」を永久欠番に

ドルトムントへ移籍するベリンガム [写真]=Getty Images

 バーミンガムは23日、ドルトムントへの移籍が決まったU-17イングランド代表MFジュード・ベリンガムの背番号「22」を永久欠番にすると発表した。

 ベリンガムは2003年6月29日生まれの現在17歳で、2010年からバーミンガムの下部組織に所属。昨年8月に行われたカラバオ・カップ1回戦のポーツマス戦でトップチームデビューを果たし、16歳38日というクラブ史上最年少出場記録を樹立した。今シーズンは公式戦44試合に出場し、4ゴール3アシストを記録した。

 ベリンガムの獲得にはチェルシーやレアル・マドリード、バイエルン、マンチェスター・Uなども関心を示していたが、20日にドルトムントへの移籍が決定。イギリスメディア『BBC』によると、同選手の移籍金は最大で3000万ポンド(約41億円)以上まで上昇し、世界一高額な17歳になるという。

 ベリンガムは、22日に行われたチャンピオンシップ(英2部)最終節ダービー・カウンティ(●1-3)がバーミンガムでの最後の試合となった。バーミンガムはセンセーショナルな1年を過ごした同選手について、「才能、ハードワーク、献身を通じて、非常に短い期間で“ブルーズ”(クラブの愛称)の象徴的な人物となれることを証明しました。彼の思いやりや謙虚で愛嬌のあるピッチ外での姿勢も、彼がそのような印象的なロールモデルとなる一助となった」と評価。そして、「背番号『22』はジュードの代名詞になった。私たちが育て上げた才能を忘れないため、ほかの選手たちに刺激を与えるため、クラブはこの番号を永久欠番にすることを決めました」と、「22」番を永久欠番にすることを発表した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA