FOLLOW US

王者リヴァプールがチェルシーに5得点快勝! 南野拓実は終盤に途中出場

4点目を記録したロベルト・フィルミーノ [写真]=Getty images

 プレミアリーグ第37節が22日に行われ、南野拓実の所属するリヴァプールチェルシーが対戦した。南野は2試合ぶりのベンチスタートとなり、87分から途中出場している。

 今季のプレミアリーグ王者リヴァプールが、チャンピオンズリーグ(CL)出場を目指す暫定4位のチェルシーをホームに迎えた一戦。先制点を奪ったのはリヴァプールだった。23分、ペナルティエリア外でボールを奪ったナビ・ケイタがゴール右隅に豪快なミドルシュートを突き刺し、1-0とした。

 リヴァプールは38分、ドリブルで仕掛けたサディオ・マネが倒されてペナルティエリア手前中央でFKを獲得する。これをトレント・アレクサンダー・アーノルドがゴール右隅に直接決め、前半のうちに2-0とリードを広げた。リヴァプールは前半終了間際の43分、左サイドのCKの流れからジョルジニオ・ワイナルドゥムが押し込んで3点目を奪った。
 
 チェルシーは後半アディショナルタイム3分、マルコス・アロンソが左サイドからクロスをあげると、最後はオリヴィエ・ジルーがこぼれ球をゴールに押し込んで1点返し、後半に望みをつないだ。しかし2点リードで折り返したリヴァプールが55分、再び点差を広げる。アーノルドがゴール前にアーリークロスを送ると、これを走りこんだロベルト・フィルミーノがきれいにヘディングで合わせ、4点目を奪った。

 チェルシーは61分、左サイドを個人技で突破したクリスティアン・プリシッチがゴール前にクロスを送ると、タミー・アブラハムが合わせて再び2点差に迫る。さらにチェルシー73分、フィルジル・ファンダイクがハイボールの処理を誤ると、裏のスペースに抜け出したジョー・ゴメスが中央に折り返す。これをプリシッチが右足で豪快に決めて4-3と1点差に詰め寄った。

リヴァプールは84分、カウンターを発動するとゴール前まで運んだアンドリュー・ロバートソンが中央に折り返す。これをアレックス・オックスレイド・チェンバレンが右足で合わせて5点目を奪った。

 リーグ王者にくらいついたチェルシーだったが、より多くのチャンスをものにしたリヴァプールが5-3で勝利。チェルシーは今節でCL出場を確定させることはできず、最終節にマンチェスター・U、レスターと争うこととなった。

 最終節は26日に一斉開催され、リヴァプールはアウェイでニューカッスルと、チェルシーはホームでウルヴァーハンプトンと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 5ー3 チェルシー

【得点者】
1ー0 23分 ナビ・ケイタリヴァプール
2ー0 38分 トレント・アレクサンダー・アーノルドリヴァプール
3-0 43分 ジョルジニオ・ワイナルドゥムリヴァプール
3-1 45+3分 オリヴィエ・ジルーチェルシー
4-1 55分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール
4-2 61分 タミー・アブラハムチェルシー
4-3 73分 クリスティアン・プリシッチチェルシー
5-3 84分 アレックス・オックスレイド・チェンバレンリヴァプール

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA