FOLLOW US

アーセナル、劇的弾浴びブライトンに逆転負け…GKレノが負傷で悲痛な叫び響く

ブライトンが今年リーグ戦初白星 [写真]=Pool via Getty Images

 プレミアリーグ第30節が20日に行われ、ブライトンアーセナルが対戦した。

 3日前の再開初戦で今年のリーグ戦で初黒星を喫したアーセナル。再開後初白星を目指す今試合は開始8分、ブカヨ・サカがペナルティエリア前中央からミドルシュートを打ったが、これはクロスバーに直撃。31分には、サカのクロスにアレクサンドル・ラカゼットがダイビングヘッドで合わせたが、GKマシュー・ライアンの好セーブに阻まれた。

 36分、再開初戦に続いてアーセナルにアクシデントが発生。GKベルント・レノが相手のロングボールをジャンプしてキャッチすると、ニール・モペイに衝突されて着地時に右足を負傷。深刻なケガのようで、無観客の静かなスタジアムに守護神の悲痛な叫び声が響いた。レノは担架で運び出され、GKエミリアーノ・マルティネスと交代となった。

 ブライトンは42分、右CKのこぼれ球をエリア左のアーロン・ムーイがダイレクトで叩いたが、入ったばかりのGKマルティネスにセーブされる。アーセナルは前半アディショナルタイム4分、エリア内のラカゼットがピエール・エメリク・オーバメヤンからパスを受けると、ヒールでリターンパスを出すが、惜しくもオーバメヤンの前でDFにカットされた。

 後半に入ってアーセナルは53分、オーバメヤンが抜け出してGKと一対一でゴール右隅に沈めるが、VARを経てオフサイドの判定でノーゴール。ブライトンは56分、モペイがエリア左で左足を振り抜いたが、これもGKマルティネスにブロックされた。

 試合が動いたのは68分、アーセナルが先制に成功した。ニコラス・ぺぺがエリア右で左足を振り抜くと、きれいなカーブを描いたシュートはゴール左隅に吸い込まれて先制点となった。

 しかし、ブライトンは75分、左CKの流れでソロモン・マーチがエリア左からグラウンダーのクロスを送り、ニアのモペイがヒールで合わせる。このシュートはロブ・ホールディングにブロックされたが、ルイス・ダンクが押し込んで同点ゴールを挙げた。

 このままドローで終わるかと思われた後半アディショナルタイム5分、エリア左へ抜け出したモペイが左足で蹴り込み、土壇場でブライトンが逆転に成功。このまま試合は終了し、ブライトンが再開初戦を制し、今年リーグ初勝利となる10試合ぶりの白星。アーセナルは再開後2連敗となった。

 次節、アーセナルは25日にアウェイでサウサンプトンと、ブライトンは23日にアウェイでレスターと対戦する。

【スコア】
ブライトン 2-1 アーセナル

【得点者】
0-1 68分 ニコラス・ぺぺ(アーセナル
1-1 75分 ルイス・ダンク(ブライトン
2-1 90+5分 ニール・モペイ(ブライトン

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA