FOLLOW US

スアレスから南野まで…リヴァプール地元紙、10年間に獲得した「66」の移籍を格付け

リヴァプールが獲得してきた選手たち [写真]=Getty Images

 リヴァプールの地元紙『Liverpool Echo』は19日、同クラブが2011年冬の移籍市場から2020年冬の移籍市場の間に獲得した66選手を格付けした。

 リヴァプールは2010年10月、アメリカの『フェンウェイ・スポーツ・グループ』によって買収された。その後の10年間に開かれた19の移籍市場で、合計8億ポンド(現在のレートで約1063億円)以上を投じ、一流のスターから将来を嘱望される若手まで、66人の選手を獲得してきた。その中身は「バーゲン品」のような成功例、期待を裏切った失敗例など様々。『Echo』紙はそれぞれの移籍について、最低1〜最高10の10段階評価で格付けを行った。

※()内は右からポジション/移籍金/移籍元
※移籍金は当時レート

2010-11シーズン

■2011年1月
ルイス・スアレス(FW/2280万ポンド=約30億円/アヤックス):9点
アンディ・キャロル(FW/3500万ポンド=約46億円/ニューカッスル):4点

2011-12シーズン

■2011年夏
ジョーダン・ヘンダーソン(MF/1600万ポンド=約21億円/サンダーランド):9点
チャーリー・アダム(MF/675万ポンド=約9億円/ブラックプール):4点
ドニ(GK/フリートランスファー):5点
スチュワート・ダウニング(MF/1850万ポンド=約23億円/アストン・ヴィラ):6点
ホセ・エンリケ(DF/600万ポンド=約7億5000万円/ニューカッスル):6点
セバスティアン・コアテス(DF/490万ポンド=約6億円/ナシオナル):5点
クレイグ・ベラミー(FW/フリートランスファー):7点

■2012年1月
ジョーダン・アイブ(MF/50万ポンド=約5850万円/ウィコム・ワンダラーズ):8点
ジョアン・カルロス・テイシェイラ(MF/83万ポンド=約9700万円/スポルティング):5点

2012-13シーズン

■2012年夏
ファビオ・ボリーニ(FW/1040万ポンド=約13億円/ローマ):4点 
ジョー・アレン(MF/1500万ポンド=約19億円/スウォンジー):7点
ウサマ・アサイディ(MF/400万ポンド=約5億円/ヘーレンフェーン):2点 
ヌリ・シャヒン(MF/期限付き移籍/レアル・マドリード):3点
サメド・イェシル(FW/100万ポンド=約1億円/レヴァークーゼン):3点 

■2013年1月
ダニエル・スタリッジ(FW/1200万ポンド=約17億円/チェルシー):8点
フィリペ・コウチーニョ(MF/850万ポンド=約12億円/インテル):10点

2013-14シーズン

■2013年夏
ルイス・アルベルト(MF/680万ポンド=約10億円/セビージャ):3点
イアゴ・アスパス(FW/700万ポンド=約11億円/セルタ):3点
シモン・ミニョレ(GK/900万ポンド=約14億円/サンダーランド):7点
コロ・トゥレ(DF/フリートランスファー):8点
アリ・シソコ(DF/期限付き移籍/バレンシア):5点
ママドゥ・サコー(DF/1500万ポンド=約23億円/パリ・サンジェルマン):6点
チアゴ・イロリ(DF/350万ポンド=約5億円/スポルティング):3点
ヴィクター・モーゼス(MF/期限付き移籍/チェルシー):5点

2014-15シーズン

■2014年夏
リッキー・ランバート(FW/450万ポンド=約8億円/サウサンプトン):4点
アダム・ララーナ(MF/2500万ポンド=約43億円/サウサンプトン):8点
エムレ・ジャン(MF/950万ポンド=約16億円/レヴァークーゼン):7点
ケヴィン・スチュワート(MF/フリートランスファー):5点
ラザル・マルコヴィッチ(FW/1980万ポンド=約34億円/ベンフィカ):2点
デヤン・ロヴレン(DF/2000万ポンド=約34億円/サウサンプトン):8点
ディヴォック・オリジ(FW/980万ポンド=約17億円/リール):7点
ハビエル・マンキージョ(DF/期限付き移籍/アトレティコ・マドリード):5点
アルベルト・モレノ(DF/1200万ポンド=約21億円/セビージャ):6点
マリオ・バロテッリ(FW/1600万ポンド=約28億円/ミラン):1点

2015-16シーズン

■2015年夏
ジョー・ゴメス(DF/600万ポンド=12億円/チャールトン):9点
アダム・ボグダン(GK/フリートランスファー):3点
ダニー・イングス(FW/800万ポンド=約15億円/バーンリー):8点
ジェイムズ・ミルナー(MF/フリートランスファー):9点
ナサニエル・クライン(DF/1250万ポンド=24億円/サウサンプトン):7点
ロベルト・フィルミーノ(FW/2900万ポンド=約56億円/ホッフェンハイム):10点
クリスティアン・ベンテケ(FW/3250万ポンド=約62億円/アストン・ヴィラ):4点
アラン(MF/50万ポンド=約1億円/インテルナシオナウ):4点

■2016年1月
マルコ・グルイッチ(MF/510万ポンド=約9億円/ツルヴェナ・ズヴェズダ):6点
スティーヴン・コーカー(DF/期限付き移籍/QPR):5点
カミル・グラバラ(GK/25万ポンド=約4250万円/ルフ・ホジューフ):5点

2016-17シーズン

■2016年夏
サディオ・マネ(FW/3000万ポンド=約41億円/サウサンプトン):10点
ロリス・カリウス(GK/470万ポンド=約6億円/マインツ):5点
ジョエル・マティプ(DF/フリートランスファー):8点
ラグナル・クラヴァン(DF/420万ポンド=約6億円/アウクスブルク):7点
アレクサンダー・マニンガー(GK/フリートランスファー):評価なし
ジョルジニオ・ワイナルドゥム(MF/2500万ポンド=約34億円/ニューカッスル):9点

2017-18シーズン

■2017年夏
モハメド・サラー(FW/3690万ポンド=約52億円/ローマ):10点
ドミニク・ソランケ(FW/非公開/チェルシー):7点
アンドリュー・ロバートソン(DF/1000万ポンド=約14億円/ハル・シティ):9点
アレックス・オックスレイド・チェンバレン(MF/3500万ポンド=約49億円/アーセナル):8点

■2018年1月
フィルジル・ファン・ダイク(DF/7500万ポンド=約113億円/サウサンプトン):10点

2018-19シーズン

■2018年夏
ナビ・ケイタ(MF/5275万ポンド=約75億円/ライプツィヒ):7点
ファビーニョ(MF/3930万ポンド=約52億円/モナコ):9点
ジェルダン・シャチリ(MF/1285万ポンド=約18億円/ストーク):7点
アリソン(GK/6500万ポンド=約99億円/ローマ):10点

2019-20シーズン

■2019年夏
ハーヴェイ・エリオット(MF/不明/フルアム):7点
セップ・ファン・デン・ベルフ(DF/130万ポンド=約2億円/ズウォレ):6点
アドリアン(GK/フリートランスファー):7点

■2020年冬
南野拓実(FW/725万ポンド=約10億円/ザルツブルク):?

 南野のリヴァプール加入直後に新型コロナウイルス感染拡大の影響でシーズンが中断されたため、南野の公式戦出場はまだ7試合のみ。『Echo』紙は「彼が(アンディ・)キャロルになるのかコウチーニョになるのか、時が経てば自然とわかることだ。しかし、リヴァプールの採用チームとユルゲン・クロップ監督が獲得した信頼は、近年の『フェンウェイ・スポーツ・グループ』が市場で正しいことを行っていると示唆している」と、南野への期待を寄せている。

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA