FOLLOW US

マンC、再開初戦で10人のアーセナルに快勝!…ペップが“師弟対決”制す

マンチェスター・Cがアーセナルに快勝 [写真]=Getty Images

 プレミアリーグ第28節(未消化分)が17日に行われ、マンチェスター・Cアーセナルが対戦した。

 約3カ月の中断を経て、ついにプレミアリーグが再開した。初日ではいきなり2位のマンチェスター・Cと9位のアーセナルが対決。ジョゼップ・グアルディオラ監督とミケル・アルテタ監督の“師弟対決”が初めて実現した。なお、選手たちはキックオフ前に片ひざをついて人種差別への抗議の意を示し、背中の文字を選手名から「Black Lives Matter」に代えた特別仕様のユニホームを着用してプレーした。

 マンチェスター・Cは4分、ペナルティエリア前左の好位置でFKを得ると、ケヴィン・デ・ブライネが右足で直接狙ったが、シュートはGKベルント・レノにセーブされる。一方のアーセナルは前半からアクシデントに見舞われ、8分に負傷したグラニト・ジャカが担架で運び出され、ダニ・セバージョスと交代。24分にもパブロ・マリが負傷交代を余儀なくされ、代わりにダヴィド・ルイスが送り出された。

 試合が動いたのは前半アディショナルタイム2分、デ・ブライネが右サイドからアーリークロスを入れると、対応したD・ルイスがクリアミス。こぼれ球に反応したラヒーム・スターリングがエリア右で冷静に右足シュートを叩き込み、マンチェスター・Cに先制点をもたらした。なお、スターリングのゴールがプレミアリーグ再開後第1号となった。

 1点リードで折り返したマンチェスター・Cは50分、リヤド・マフレズがエリア右へ突破すると、D・ルイスに倒されてPKを獲得。D・ルイスは一発退場となった。51分、このPKをデ・ブライネがゴール右隅に沈めて追加点を挙げた。

 2点リードでその後も主導権を握ったマンチェスター・Cは80分にアクシデント。相手のロングボールを追いかけたエリック・ガルシアが味方GKエデルソンと衝突。ピッチに倒れ込み、約10分間の治療を受けて担架で運び出された。マンチェスター・Cは交代枠5人を使い切っていたため、10人での戦いとなった。

 マンチェスター・Cは後半アディショナルタイム1分、セルヒオ・アグエロがエリア左へ抜けてシュートを放つと、こぼれ球をフィル・フォーデンが押し込んでダメ押しゴール。試合はこのまま終了し、マンチェスター・Cが3-0の快勝で白星リスタートを飾った。敗れたアーセナルは中断期間を挟んで9試合ぶりの黒星となった。

 プレミアリーグは19〜21日にかけて開催される第30節から本格的に再開となる。アーセナルは20日にアウェイでブライトンと、マンチェスター・Cは22日にホームでバーンリーと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・C 3-0 アーセナル

【得点者】
1-0 45+2分 ラヒーム・スターリングマンチェスター・C
2-0 51分 ケヴィン・デ・ブライネ(PK/マンチェスター・C
3-0 90+1分 フィル・フォーデンマンチェスター・C

プレミアリーグ観るならDAZN!
1カ月無料キャンペーンはこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA