FOLLOW US

クリスタル・パレス会長、リーグ戦再開に言及「簡単な答えはない」

クリスタル・パレス会長がリーグ戦再開に言及した [写真]=Getty Images

 クリスタル・パレスのスティーブ・パリッシュ会長がプレミアリーグの再開に言及した。10日、イギリスメディア『BBC』が伝えている。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、プレミアリーグは3月13日から延期となり、現在は無期限での中断を余儀なくされている。5月1日に行われた会議では、選手やコーチ、監督を含めたより広いコミュニティの健康と安全を最優先事項としつつも、今シーズンの全日程の消化を目指す旨が再確認され、無観客や中立地での再開などが検討されている。

 しかし、クリスタル・パレスのパリッシュ会長は「試合を再開する方法を見つけることができなければ、諦めることになる」と今シーズンを中止しなければいけない場合もあるとの考えを明かした。

 プレミアリーグではファンがスタジアムに集結しないためにも中立地での再開が検討されているが、残留を目指しているワトフォードやブライトン、アストン・ヴィラなど少なくとも3クラブがこの計画に反対していることが明らかとなっている。パリッシュ会長は反対しているクラブに理解を示しつつ、全体の状況を見なければならないと語った。

「誰にとっても本拠地でプレーできれば好ましいことではあるが、現状では政府とリーグ運営の問題で、我々の問題ではない。警察の人たちはすべてのスタジアムを警備できないことを明らかにしている。(ワトフォードの会長)スコット・ダックスベリーの立場にはとても共感している。最悪の選択肢であっても、そうしなければいけなくなるかもしれない。簡単な答えなどはない。一致団結して取り組まないといけないし、最終的には合意できると思う」

 パリッシュ会長はプレミアリーグの再開に向けて取り組んでいることを明かしたものの、「フットボールはこの危機の中で一番重要なものではない。公衆衛生のことを第一に考えなければならない」ことも主張した。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO