FOLLOW US

チェルシーGKケパ、自主隔離中もポジティブ「毎日フィジオと連絡しているから…」

中断について語ったケパ [写真]=Getty Images

 チェルシーに所属するスペイン代表GKケパ・アリサバラガが新型コロナウイルスの影響について語った。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 新型コロナウイルスの影響でサッカー活動が中断・延期しており、なかでもチェルシーはイングランド代表FWカラム・ハドソン・オドイに陽性反応が見られたことからプレミアリーグの中でも活動休止を早くから発表していた。

 ケパはフランク・ランパード監督のもと徐々に出場機会を減らし、現在はGKウィリー・カバジェロとポジションを争っている。同紙は、友人の「彼の一時的な不調はすでに忘れられている。プレミアリーグ再開に向け、より強くなるために全力を尽くしている」という言葉を紹介し、ケパがこの状況をポジティブに捉えていると伝えた。

 ケパはインスタライブで、自主隔離期間中もトレーニングを続けていると明かしている。

「僕たちはクラブのフィジオと毎日連絡を取り合っているから、できるだけ体力を落とさないようにできている。1日1時間、外での運動が許可されているから、それはとても助かるよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO